ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話104
ま、当たり前の話なんですが・・電子書籍が増える事により、本が売れなくなれば、本屋がいらなくなるだけではなく、出版社や林業、製紙業、印刷業も仕事が減り、失業者が増えると思います。

便利な世の中になってから、過去を振り返れば、『昔は無駄が多かった』という事になります。不動産仲介業も今と昔を比べたら、昔は不便で非効率で無駄が多かったです。間取図は手書きで・・

重要事項説明書も契約書も手書き・・店頭広告は色鉛筆で色塗りしてました。物件情報は営業マンが業者回りをして集めていました。顧客は、担当営業マンの情報収集力に依存していたのです。

それに比べて今は便利になりました。あらゆる物件資料はパソコンで作れます。あらゆる不動産情報はインターネットで収集できます。収集した物件資料はメールで送受信できるので、顧客宅へ・・

届ける必要はありません。・・というか、顧客が自分で物件情報を収集できるし、現地の雰囲気はGoogle のストリートビューで確認できます。カーナビがあれば現地案内も不要です。今後も・・

どんどん便利になっていくと思いますが、不動産仲介営業マンの仕事って・・今後どうなるのか?考えると怖いですよ。『不動産探しの手伝い』なんか不要です。調査や契約手続き、融資申込みを・・

代行するエスクローサービスさえあれば、不動産仲介営業マンなんて不要になりますよ。生き残りたいなら、資格武装してエスクローサービスを兼ねたコンサルティング営業に変化するしか道は・・

ありません。それでも生き残れる保証はありませんけどね。いずれにしても、朝から晩までチラシのポスティングをしている営業マンと、それしか指示できない上司の未来は暗いですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.