ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
愚者の台詞
○私が最も愚かだと思う台詞は、【絶対】と【大丈夫】です。この二つを組み合わせた【絶対、大丈夫】は最悪です。そもそも世の中に絶対と呼べることは少なく、結果的に大丈夫だった場合でも、次回も大丈夫とは限りません。不動産営業の仕事でも会話の中で・・

【大丈夫】という言葉は頻繁に使われますが、具体的には、誰かが、何かについて不安があり、その状況を誰かに話した時、相手から【大丈夫だよ!】と言われるケースです。しかし、【大丈夫だよ!】と答えた者が、【大丈夫な根拠】について、どのように・・

考えているかが問題です。あらゆる方向性で、いろいろなシュミレーションで検証し、想定外の事態が起きても、【大丈夫】と言っているのか?その場しのぎでテキトウに答えているのか?また・・猿並みの脳みそで考えた安易な結論であれば、それは大丈夫ではないかもしれません。

刑務所に服役中の者の大半が、『絶対に大丈夫!』と思っていたはずです。しかし、現実は、【大丈夫】では無かったわけです。では、どうして、『絶対に大丈夫!』と思ってしまったのか?考えられることは、あらゆる方向性からの検討や、いろいろなシュミレーションができなかったって事です。ま、その能力も無いのでしょう。

相手から持ちかけられた話で、最も警戒すべきケースは・・
『大丈夫!迷惑をかけないから!』
『大丈夫!絶対に返すから!』
『大丈夫!絶対にバレないから!』
『大丈夫!絶対に捕まらないから!』

・・かな。(笑)このセリフを言われたら、裸足で逃げたほうが良いですよ。絶対にヤバイから。(笑)ご用心。
雑談176
○元気のない町の不動産屋は連動して元気がないですね。商店街の人通りは少なく、通行人の大半は老人・・って雰囲気だと、先々が不安になりますよ。家の購入や売却の相談は年に1回もなく、賃貸物件を探しに来店する人の大半が生活保護の受給者か・・

受給希望者です。生活保護の受給者は死ぬまで住み続けるケースが多いので、生活保護を前提で部屋探しをしている人は、死に場所を探しにきているようにも思えます。ネガティブな町のネガティブな商売・・ってかんじです。もう少し活気のあるエリアで仕事をすべきかな・・と思う事もありますよ。

簡単な方法は別のエリアの別の不動産仲介会社に移籍する事ですが、副業(古物商)の仕事もあるので、フルタイムで働くわけにもいきません。素人が独立開業した不動産会社でも見つけて、週1日の出勤で顧問料でももらえたら最高ですが、そう美味しい話は転がってませんね。(笑)さて、残置物の無償提供/募集中!

追伸/フルコミ募集ページへ掲載を希望される会社からメールをいただきますが、挨拶も無しで、社名と歩合率だけ書き込んだメールが着ても、即削除です。ご用心。
そろそろ月末
○そろそろ月末なので・・所有権放棄の残置物を募集中!(関東限定)住宅・事務所・店舗・工場・ビル・解体予定建物の残置物も大歓迎!どうせ捨てるなら、私が欲しい物だけ無料でください。少しは量を減らせますよ。

ゴミ屋敷は小物が沢山あるので大歓迎!!賃貸物件・相続物件・競売落札物件・任意売却物件・事故物件・・等の残置物も・・住宅・事務所・店舗・ビル・解体予定建物の残置物も大歓迎!

『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるよ!不動歩さんの欲しい物があれば無料で持ち帰っていいよ!』とお考えでしたら、ご連絡ください。欲しい物だけで恐縮ですが無料で引き取ります。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.