ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談213
○年末が近いですが、年末年始の長期休暇前にやっておかなければならないこと・・それは賃料の滞納者への催促です。ま、不動産業者が長期休暇に入ることを相手も熟知しています。あと数日間、逃げ切れば、年明けまで時間稼ぎできます。とくに地場の不動産業者は正月休みが長く、1月7日まで休みの会社も多いです。

正月明けの催促では、12月末に支払う分(1月分)も滞納してるはずなので、滞納額が1ヶ月分増えちゃいます。そうなると、より深みに嵌り、全額回収の可能性は低くなります。もちろん保証会社を使っている場合は別ですが、保証会社が保証しても、滞納者が滞納で退去すれば空室が増えるわけで、それはそれで困りますね。

○安い賃料の部屋を借りている人が滞納する場合、貧困や低所得者に対して哀れむ事もなくはないですが・・賃料の高い物件を借りている人に対しては、滞納しても同情はしません。賃料を払えないなら、贅沢な物件を退去して安い物件に引っ越せば良いわけで、金も払えないのに高い賃料の物件に住み続けるってのは・・どうかと思いますよ。

ラーメン屋でラーメンを食べた者が金を払わなければ無銭飲食で逮捕されますが、物件を借りて金を払わない者に『金を払え!』と怒鳴れば、逆に催促した側が脅迫で逮捕されますよ。滞納の催促では、熱くならず、形式的な催促後、さっさと法的手続きを進めるほうが良いですね。大切なのは『さっさと・・』です。ご用心。
雑談212
○地場の小さな会社にいると、時折、寂しさを感じます。理由は、登場人物が少ないことです。職場の人数が少ないと、会話をする相手も少ないわけで、その状況で会社と自宅の往復をする日々なら・・寂しすぎますよね。

テレビドラマの主人公なら、会社にいけば大勢の社員がいて、仕事以外のシーンでも数多くの人と出会う設定です。頻繁に登場する脇役も10人はいますよ。ま、ドラマのように賑やかな毎日を望んでいるわけでは無いのですが、ある程度の登場人物がいないと退屈します。

私の場合、唯一の救いは、このブログを通じて数多くの人と交流がある事です。日本全国の同業者からメールが着ますので、インターネットがある環境では退屈しません。最近は一般の方からのメールも増えました。何処で誰が読んでるかわかりませんね。

就職や転職の活動をしている人は、職場の人数についても、検討の材料にすべきですよ。職場にライバルはいたほうが刺激になり、数字も上がります。嫌な先輩も愛想のない事務員も、いないよりはいたほうがメリットがあるものです。

・・さて、今年も残り少ないですね。残置物の募集をしても期待はできないでしょう。・・とは言っても、ダメモトで募集します!私には年末年始の休みなんて無いんですよ。休んでいいのはサラリーマンと金持ちだけです。しかし、今年は厳しかった・・。まだまだ厳しい時期が続くのかな。来年のことを考えると頭痛がしますよ。腰も痛いけど。(笑)

残置物はありませんか?
雑談211
○もしも、自分がまだ子供で、近所の人から父親が虐められているのを見たら・・嫌な気持ちになるし、弱い父を見て幻滅をするのは確実です。心理的には【元気】が無い状態になります。政府の弱腰外交も同じような効果があったと思いますよ。・・とすれば、今後は元気を取り戻せるかもしれませんね。私は期待してます。

○自動車はガソリンを入れたら走りますが、営業職の営業活動には、食事だけでなく、ヤル気や元気が必要です。前向きな気持ちの時と、後ろ向きな気持ちの時では大きな差があります。だからって、『前向きになりなさい!』とか、『後ろ向きではダメですよ!』と言っても効果はないんですよね。

職場の雰囲気とか、上司や経営者の仕事に対する姿勢が営業マンに影響します。職場においては、真面目に仕事をする雰囲気・・テキパキと動き、電話にも明るく元気よく対応、「おはようございます!」や「おかえりなさい!」などの挨拶も元気な声で対応する・・そんな雰囲気が必要です。

上司や経営者も、自らが元気で前向きな姿勢を見せて、部下の評価基準は【ヤル気】と【元気】・・って思わせる事が大切です。上司が暗い雰囲気だったり、陰湿で後ろ向きな性格だと、周囲に影響しますよ。・・というか、そんな暗い上司はクビにしないと会社が潰れます。ご用心。
雑談210
○選挙ですね。とくに書く事も思いつかないので、軽く政治に関する個人的な考えでもダラダラ書きます。時間つぶし程度の話です。・・で、今回の選挙について、私は【理想】を選ぶか?【現実】を選ぶか?が争点だと思います。たとえば・・

原発は無いほうが安全で理想的・・
無ければ電気料金が高騰するという現実・・

世界平和で反戦が理想的・・
近隣諸国になめられっ放しで領土さえ守れそうにない現実・・

増税はしないほうが理想的・・
税収が足りず、どうにもならない現実・・

それにしても、夢や理想の話は、美しくて優しくてウットリしますね。もしも、選挙権を小学生に与えたら、夢と理想を選択するはずです。ま、成人女性も夢と理想を選択する人が多いと思います。

夢や理想を求めていろいろな反対運動をする人がいますが、どうせなら・・自動車の禁止運動もすればいいのにね。だって、自動車による交通事故で年間にかなりの人が亡くなっているわけで、自動車を禁止して、みんな自転車に乗れば、絶対確実に交通事故の死者は減りますよ。(笑)理想的では?

警官の拳銃所持に関する禁止運動もすべきでは?武器をもっているから相手も武器を使う・・という理論が正しいのなら、警察官が何も持たなければ、強盗もヤクザも不良外国人も、みんな武器を捨てるはずですよ。そうなれば警察もいらないかな。犯罪の対処は市役所で充分ですよ。(笑)

現実を無視して、夢や理想ばかり語るなら、そこまで語ってほしいな・・と私は思うのです。時間つぶし程度の話でした。ではまた。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.