ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談209
○先日、会社が出す年賀状の印刷を手伝いました。年賀状印刷のフリーソフトで絵柄と宛名を印刷したので、経費はインク代くらいでした。(便利な世の中になったものだ・・)と思いつつ、(印刷屋は仕事が減っただろうな・・)とも思いました。

○最近は賃貸の客も減り、本当に暇です。積極的な営業など無縁の会社なので、客が来るか来ないかで全てが決まります。・・で、思ったんですよ。その暇を受け入れて待ち続けるか?・・戦略を練り、積極的に集客活動を行なうか?・・しかし、その前に重大な問題もあります。

魚のいない場所で魚を待ち続けても無駄だし、その場所で上手に釣る方法を考えても無駄です。ま、客を魚に置き換えた例えですが、そのような地域にある店が数ある支店の一つなら、稼げない地域からは撤退すれば解決します。しかし、そこだけで商売をしている地場業者の場合、続けるか?移転するか?廃業するか?・・

の選択となります。移転となれば、少なくとも数ヶ月は無収入を覚悟しなければなりません。移転先にもライバル業者はいるわけで、移転しても成功する確証などありません。廃業すれば終わり・・そのまま続けてもジリ貧・・いずれにしても不安は付きまといます。過疎化が進む地域の業者は眠れぬ日が続きますね。ま、ご用心。
雑談208
○バブルで好景気の頃、品の悪い地上げ屋にいた私は怖い感じのファッションを好み、ダブルのスーツにダイヤモンド入りの印台リングをしていたのですが、オシャレな地上げ屋に転職した時、周囲の冷たい視線の効果によって、多少はセンスが改善できました。

ま、当時でさえ、ベネトンをベトコンと言って笑われていた私ですから、流行には疎かったわけですが、キレイな女性社員が数多く在籍していた不動産会社だったので、身なりはキレイにしていた記憶があります。

ただ・・清潔感を継続するには原動力が必要なんですよね。以前、女性のいない営業所に勤務した事があるのですが・・だんだん堕落していきましたよ。それまではスーツも靴も毎日変えていたんですが、だんだん、どうでもよくなっていきました。

他業界の人がイメージする不動産仲介営業マンって、主に接客をしているようなイメージだと思うのですが、チラシ印刷とチラシ配布の時間が長く、土日以外は作業着のほうが良い・・と思える会社もあります。大手でもね。インクで汚して捨てたネクタイは数えきれませんよ。(笑)

○東北の震災後の夏はクールビズでノーネクタイが流行りましたが・・私はそのままノーネクタイです。会社に5本くらい常備はしていますけどね。さて、今年もあと3週間です。年内にできる事は済ませましょう。物件内の残置物を片付けるとかね。(笑)
雑談207
○副業で古物商を始めてすぐに気がついた事があるんですよ。ま、お金の話なんですが、たとえば・・新品未使用のコーヒーカップを100円で仕入れて・・1,100円で売ったとします。・・1,000円儲かります。その1,000円を握りしめ、デパートへ行き、自分用に同じコーヒーカップを買ったとします。

購入価格は1,000円です。・・これで儲けたお金は全て使い切った事になります。しかし、よく考えてみたら・・100円で仕入れて1,100円で売り、1,000円を儲けたわけですが、その儲けを積み重ねて1年で集計した金額には、所得税や市県民税が課税されるし・・その収入の額により、健康保険料や年金保険料の額が算定されます。

一定の控除があるにしても、それを超えた部分が1,000円増えたなら、その1,000円にはいろいろな税金が加算され、その1,000円により健康保険料や年金保険料の額が1ランク上になる可能性もあります。もしかしたら、その1,000円の利益の効果で税率や保険料率が上がり、あるいは何らかの減免が受けられず、5万円とか10万円の損をする可能性があるのです。

だったら、最初から、100円で仕入れたコーヒーカップは自分で使ったほうが得です。単純に【買い物に100円を使った】という効果しかなく、年収にも影響せず、所得税も市県民税も課税されず、税率や保険料率にも影響しません。

年収と家賃に関しても、似たような事が言えます。たとえば・・
A君・・年収520万円で自宅の賃料が10万円(年120万円)
B君・・年収640万円で自宅の賃料が20万円(年240万円)
・・ともに自宅の賃料分を差し引いた金額は400万円

しかし、B君のほうが年収が高いので、いろいろな税率や保険料率がA君より高くなるとすれば・・実質的な手取り年収はA君のほうが多く、A君のほうが生活費にもゆとりがある・・という事になります。ま、税率や保険料率の分岐点がいくらかは無視して書いてますが、一つ言える事は・・

稼いだ収入からアレコレと差し引いた【残りカス】が財布の中のお金です。その【残りカス】の中から、日々の生活の中で、【ガソリン税】を払い、【タバコ税】を払い、【消費税】を払うのです。稼いでは払い・・使っては払う・・お金を貯めるのが難しいのは当然ですよ。(笑)ご用心。
雑談206
○事件・事故・病気のニュースを見聞きする度に不安になります。自分の努力で、事件・事故・病気の確率を低くする事は可能でも、確実に避ける事はできません。車を運転中、信号待ちで停車している時に暴走車が突っ込んで来るケースもあります。

酒も煙草もやらない人が癌になる事もあります。1日を安全に生きる事は容易いですが、1,000日、あるいは10,000日を安全に過ごすのは簡単ではありません。家族全員が、事件や事故に巻き込まれず、命を落とす事もなく、大病して生死をさまよう事もなく、リストラで仕事を失う事もなく・・家賃が払えず、追い出される事もない・・

浮気も不倫もしないし、離婚もしない・・老人も、若い夫婦も、子供達も、みんな元気で問題なし・・そんな『普通の生活』が確定している家族は【サザエさん一家】だけです。私なんか、心安らかな日々を過ごした記憶がありませんよ。いつでも不安です。仕事も不安・・健康も不安・・老後も不安・・現在は副業で日銭が入ってくる事だけが唯一の安心材料かな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.