ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談86
○出会った時から・・素直で、アドバイスを受け入れ、誘導すれば、すぐに良い返答をくれる理想的なお客さん・・いますよ。ただ・・軽いんですよ。よく考えてもいないし、優柔不断・・誰に対しても同じような対応をするので、人と出会う度に考えが変わり・・あっちフラフラ、こっちフラフラ・・結果的に成約には至りません。どうしようもない迷惑な客って事です。

優柔不断な客って、親離れができていないタイプが多いです。ま、甘やかされて育ったのでしょう。いずれにしても、時間と経費と労力の無駄が許される立場でない限り、相手にしてはいけないタイプです。不動産営業として、いろいろな顧客と関わりましたが、優柔不断な客は・・

(この人・・不幸な人生になるだろうな・・)と思う典型的なタイプです。ちなみに、【占い客】は(不幸になるだろうな・・)ではなく、【既に不幸で、今後も不幸確定】なので、(なるだろうな・・)とは違います。共通点は、どちらも【自分で決断できないこと】です。

ま、一個人としては、他人がどのようなタイプでも興味さえ無いのですが、不動産営業マンは、限定された期限内に一定の実績を上げる義務があり、信用してはならないタイプを信用して時間をかければ・・失敗した時に居場所を失います。人を見る目・・人を判断する能力・・それが無いと生きていけないのです。ご用心。
雑談85
○不動産を取引する原因は・・やっぱり、セックスが一位ですよね。そうとしか考えられないですよ。ま、一般的なケースでいえば・・

○男女が親密な関係になり・・【部屋探し】
○子供ができた・・【広い部屋へ引越し】【家の購入】
○浮気が発覚・・【別居】【離婚して自宅の売却】

少数派とはいえ、珍しくないケースでは・・
○愛人ができた・・【部屋を借りる】【駐車場を借りる】
○愛人と別れた・・【部屋の解約】【駐車場の解約】

ま、男女の出会いと別れに連動して不動産も動いたりしますが、別れた男女が再び復縁するケースもあります。そのようなドラマに振り回されるのが不動産屋です。不動産屋としては、契約を成立させて・・

報酬を獲るわけで・・『別れるから家を処分する』→・・次の日『やっぱり、別れない事にした。』・・ってのは勘弁して欲しいんですよ。そんな『仲直りで中止』みたいな客・・過去に3人位いましたよ。(笑)

セックスした事が原因の取引ばかりでがないですよ。セックスレスも離婚の理由になるし、離離となれば自宅も売却もありえます。不動産営業マンも社長さんも例外ではありませんよ。(笑)ま、ご用心。

さて・・今月もあと10日ですね。残置物の片付け、手伝いますよ。私が欲しいものだけ無料で回収します。メールフォームでご連絡をいただく際に、携帯電話の番号も教えてください。折り返しご連絡します。

残置物はありませんか?

雑談84
○6月も折り返し地点を過ぎました。物件の引渡しを受けてみたら建物内に大量の残置物が!・・なんて話はありませんか?たいして量は減らせませんが、所有権放棄の残置物を募集中です!

最近は、古い小物・雑貨を中心に探してます。人形・玩具・オモチャ・置物・飾り物・こけし・絵・花瓶・着物・靴・骨董品・楽器・時計・カメラ・ラジオ・未使用のギフト品(タオル・石鹸・食器)等・・

置き物・飾り物(人形・絵・小物・雑貨・他)・靴・化粧品・健康器具・骨董品・楽器・古い本や雑誌・時計・喫煙具・装身具・美容器具・工具・茶具・文具・筆記用具・記念品・その他いろいろ。

ゴミ屋敷やゴミ部屋は小物が沢山あるので大歓迎!!賃貸物件・相続物件・競売落札物件・任意売却物件・事故物件・・等の残置物も・・住宅・事務所・店舗・・工場・ビル・解体予定建物の残置物も・・

大歓迎!『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるので、欲しい物があれば無料で持って帰っていいよ!』とお考えの方がいましたら、ご連絡ください。欲しい物だけ無料で引き取ります。

残置物はありませんか?

雑談83
○不動産仲介の営業として自分のやってきた事はともかく、同僚や部下、上司、同業他社、顧客、取引関係者等の失敗や異常行動に驚かされる事も多いですが・・やがて何を聞いても驚かなくなります。

○一つの土地を2つに分筆して2区画にする・・よくあるケースです。合計2区画なので、1区画に1人づつの客付けをするわけですが・・片方の土地を2人に売ったバカもいます。社長から『てめぇ!シャブでもやってんのか!このボンクラ野郎!』と怒鳴られていましたよ。

○建売業者に在籍していた頃、会社が田舎の分譲地を仕入れて下請け業者に建築を依頼したのですが・・現地を見に行くと・・物件の隣の区画に基礎工事をしていました。そのまま気がつかず、建物が完成したら・・面白かったかもしれません。(笑)

○『トイレの位置が悪いから運気が下がり、家族が不幸になった。』と間取りに難癖をつける客・・『土地の地中から毒ガスが出ているから契約を白紙解約したい。』と難癖をつける客・・『ママに反対されたからキャンセルしたい』という50代の男・・客もいろんなのがいます。

○女の色気を武器に、アパートのオーナーを口説き、賃貸物件の管理契約を取るミニスカートの女性営業マン・・甘えたり泣いたりするのが得意技。ちなみに60歳前後。

○何を見聞きしても驚かなくなる・・それは人間の異常行動に慣れるって事なので、あまり良い事とは言えませんね。さて・・景気回復の兆しもあり、不動産の案件も少し増えてきましたが・・所有権放棄の残置物は継続募集中!よろしく御願いしますね。
残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.