ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談132
○9月も終わりですね。個人的にはいろいろ変化のあった9月ですが、仕事のほうはさほど変わりなく暇な9月でした。ま、来店が無いが普通・・って状況だし、広告宣伝はしていないので反響なんかあるわけ無いです。宝くじは買わなきゃ当たりませんが、それと同じです。(笑)

いつか別の会社で仕事をする日が来たら・・そこそこ来店がある店か?定期的な広告宣伝を実施している会社にしますよ。今は副業でもなんとか生活できるので、「いつか・・」なんて事言っていられるわけです。何もしていなければ、とっくに破産してますよ。(笑)月給取りの会社員時代は経済的にラクだったな・・と、つくづく思います。

ま、もしも私が現在も会社員だったとしても・・いつかは自分で商売するとか、自力で稼ぐ時期がくるわけですよ。80歳まで会社員を続ける事なんかできないし・・年金なんか詐欺みたいなもので、私が年金をもらえるはずの時期までに、今から何回、政権交代するか?・・で、何回、法律が改正されるか?・・予想もつきませんよ。(笑)

死ぬまで給料をもらうのは無理・・年金なんか当てにならないし、もらえたって、それで生活できるレベルではありません。・・で、どうするのか?・・お金を貯めておくか、働き続けるしかありません。誰も雇ってくれないなら、自分で稼ぐしかありません。でも、高齢者になってから、お金を稼ぐノウハウを身につけるって、かなり無理がありますよ。

だって、いろんな事にチャレンジして、試行錯誤して、失敗を繰り返して、ノウハウを構築する・・って、それなりに時間が必要です。2年とか5年とか10年とかね。それを高齢者になってからやるとしたら・・途中で死にますよ。(笑)だから私は、【今】アレコレと試行錯誤しているのです。

まだ40代だし、何処かの不動産会社に固定給で潜り込む事も不可能では無いと思っていますが・・それで3年後・・もしくは5年後に会社を退職する日が来たとして・・その時点から自力で稼ぐノウハウを構築するのはキツイので、今から頑張って、3年後とか5年後には、ラクラク稼げる状態にしたいわけです。

○半期の期末だからか?月末だからか?朝から夜まで、いろいろな知人から電話がきました。嬉しい事です。自力で稼ぐと言っても、人がいて、自分が何かをして、人から金を受領するわけですから、人間関係で食っているとも言えます。今後、稼げるか否か?・・も人間関係にかかっています。誰からも電話が無い日々がきたら・・アウトです。ご用心
雑談131
○不動産営業マンを目指すなら、とりあえず不動産営業の種類や仕事内容を知るべきですが、不安定な生き方になる覚悟はしたほうが良いですよ。人生は予定どおりにはならないので、いくら考えても結果の予測はつきませんので、スタートの時点でできることは、覚悟だけです。

○私の元同僚で、年齢も私に近い者が数人いますが・・相変わらず不動産会社を転々としているし、住宅ローンが払えず売却した者・・任売で手放した者・・競売で奪われた者・・いますよ。不動産のプロだから、いろいろなお客の失敗を見てきたのに・・一般消費者より失敗する確率が低いはずなのに・・失敗してます。

ま、よく考えると、不動産選びは上手くとも・・収入や雇用が不安定なわけで、収入が途絶えたら住宅ローンが払えないのは当然の結果です。だからといって、不動産営業は収入が不安定だから家が買えない・・ってもの悲しすぎます。ま、不動産営業に限らず、民間企業なら、どんな職種でも職業でも転職リスクはあります。

30年とか35年のローンが普通・・ってのが問題なわけで、70歳とか80歳まで働き続けるなんて無理があります。過去においては、終身雇用が多く、定年退職の時期に退職金で残りのローンを完済するケースを想定していたんですよ。でも、定年退職の時期までを返済期間とすると、返済期間が短すぎて月々の支払いが高額になり無理があるので、

返済期間は長くして・・途中で一括返済する・・てのが、銀行にとっても借りる人にとっても都合の良い方法だったわけです。・・で、現在は終身雇用も崩壊・・退職金なんか期待できない人が多い状況です。だから、どんどんパンクしますよ。知人の営業マンの話に戻しますが、購入物件は、郊外の広い敷地の一戸建てだったり・・

新築マンションだったり・・それなりに高額の物件だったんですよ。それが間違いです。住宅ローンは、40代、50代、60代、70代・・と払い続けるわけですが、不動産営業マンを何歳まで続けるつもりだったのか?不動産営業マンを辞めてもローンは続きますが、どうやって支払うつもりだったのか?を考えていなかったとしたら・・失敗して当然です。

中古マンションで、家賃並みの支払い・・ってのが、身分相応だと思いますよ。ま、それにしても、長すぎる不況が想定外なのは、私も同じです。人の幸せや不幸せには、少なからず【お金】が関係します。不況が長ければ、破産・離婚・自殺は増えます。今後も不況が続くのなら、今は幸せな人でも、そのうち不幸になる可能性が高まります。

不動産営業マンは、稼ぐ時は大きく稼ぎ、贅沢を味わい・・稼げない時は、破産・離婚・・て人が多いです。今から不動産営業を目指す人は・・そのへんを少し考慮して、それでも、『やってみたい!』・・と思うなら、やってみると良いです。その場合、結婚式とか、しないほうがいいと思いますよ。理由は・・そのうちわかります。(笑)ま、ご用心。
雑談130
○不動産屋の息子が大手系の不動産会社やハウスメーカーに就職するケースは多いですね。いつかは親の不動産会社を引き継ぐつもりなのでしょう。最近、知人の社長さんから、『息子を不動産会社に就職させたいが、何処がいいかな?』と聞かれました。現在は別の職種で仕事をしているけど、将来的には親の会社を継がせたいらしく・・

未経験のど素人のまま継がせるわけにもいかず・・自分の下で働かせながら自分が仕事を教える・・ってのも不安があるとの事です。(なるほどね・・)と思いましたよ。わが子とはいえ・・自分が仕事をおしえて金まで払うのはキツイですよね。(笑)ま、一番良いのは大手系仲介会社に就職される事でしょう。

研修制度もあるし、配属先の店でも仕事を教えてくれます。新人でもベテランでも定期的な講習があるだろうし・・法律の改正にも敏感で、すぐに研修なり講習なりの対応をします。ま、問題は・・採用されるか?という事と、採用後の試用期間を無事にクリアできるか?です。経験者と未経験者では与えられるノルマに違いがある場合もありますが・・

ある程度の数字を試用期間中にクリアする事が条件になります。ま、大半はクリアしますよ。私もそんなので落ちた事ないし、落ちた奴を見た事がありませんが、それをクリアできないと正式な採用になりません。仲介会社の中途採用って、そんなかんじです。・・で、正式に採用されたら・・3年くらいは勤まりますよ。後は運次第です。

不動産屋を経営する親としては・・息子が他所の不動産会社へ入り、知識と経験を積み、宅建に合格して・・その期間、金(給料や賞与)も稼ぐわけですから・・まさに最高です。そんなわけで、可能なら大手がお勧めですが、中には、『知人の同業者に息子を預ける(修行に出す)』・・ってケースもあります。これはいろいろ問題があります。

ま、預ける側は良いとしても・・預かる側は給料も払うわけだし、知人から預かるので、知人の息子がバカ息子でもクビにしずらいです。一言で言えば【迷惑】なんですよ。(笑)ヤクザの世界では、兄弟分や子分に実子を預けるって、よくある話ですけどね。でも、そこには【責任】や【貸し・借り】が存在します。預けた息子が下手をうち、迷惑をかけたら・・

親が責任をとる事になるし、立派に育ててもらえば、それは【借り】になります。借りは返さなければならないわけで・・無理な頼み事をされた時にも断れません。不動産屋のケースはそこまで重くは無いけれど、【貸し・借り】にはなりますよ。それに比べて、大手で修行させるケースは・・貸しも借りも、なーーーんにも無いわけで、気がラクですよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.