ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談153
○長引く不景気の影響で、地方の不人気エリアの中古マンションが、自動車の新車並みの価格になってます。昭和の雰囲気の団地みたいなのは、300万円とかで買えます。もっと安いのもあります。ここまで下がると・・住宅ローンで35年とか、そんな買い方ではなく、ボロマンションでいいから現金で買うとか、カードで買うとか、そんな時代に突入かもしれません。

当然ながら、賃料も連動するので、『安いから買って貸そうかな!』なんて単純な発送はリスクがともないます。300万円で買えるマンションがいくらで貸せるか?貸した場合、管理費や修繕積立金や固定資産税を差し引いた手取りはいくらか?・・と考えてみると、さほどでもないですよ。

ま、自分で住むのが一番堅実です。それにしても、超高級賃貸マンションで月の賃料が300万円なんてのもあるのに、売買価格が300万のマンションて・・マンションもいろいろですね。(笑)不況+少子高齢化で人口減少なのに・・格安建売会社もアパート建築会社もバンバン建ててますから・・家余りは加速中です。ご用心

雑談152
○それにしても暇です。来店も無いし、反響もない・・ま、チラシ等の広告宣伝はしていないので、インターネット経由の反響のことですが、自社ウェブサイトの反響はほとんどなく、電話があるとしたら、レインズの問合せくらいです。

しかし、それも無し・・ま、これが日常であり、驚くべき事でもありません。フルコミの営業で、『名刺だけ用意してもらえばOK』・・なんて人もいますが、その大半が、知人の業者を回り、物件を動かす不動産ブローカータイプです。

ただ、情報が大手に集中する現在、大手は両手志向で、大手仲介会社の営業マンは、業者の仕入れ対象(買取り対象)となる物件を直接、買取業者に紹介します。わざわざ客付業者をとおして、誰でも知っているパワービルダー系格安建売業者に売るなんてバカは少ないです。

物件情報を持って、あっちウロウロ、こっちウロウロして食えた時代が懐かしいですよ。昔はレインズの登録物件でも、レインズを見ていない業者に持ち込み、買い取らせたものです。それで数百万円の手数料になったわけですから、よく考えると、昔は激甘でしたね。

今じゃ、一般消費者に、『その物件は知ってます。』 『その物件は既に成約しているはずですよ。』・・と言われる時代です。出回っている物件情報に価値は無いわけです。こんな状況で、仲介業者がどうやって生き抜くか?・・が今後のテーマですね。
雑談151
○現時点までに頂いたメールは返信しました。返信はいつも深夜です。(残置物情報等は2時間以内)

○今年も残すところ1ヶ月と半分くらいですね。12月の後半からは物件の動きも鈍いので、物件価格の値下げは月内がベストですよ。・・ま、年内の成約を目指す場合の話ですけどね。では。
雑談150
○地場の小さな不動産屋・・に在籍した経験は初めてではありませんが、小さい不動産屋って、言うまでもなく・・登場人物が少ないんですよ。・・これが、けっこうキツイです。さらに・・過疎化とか、少子高齢化とか、シャッター通り・・なんて状況をプラスすると・・かなり、寂しいです。

稼げるとか、稼げないとか、もちろん重要だし、仕事はそれが目的ですが、やはり【人】が多い環境がビジネスには適していますよ。人が少ない場所は金も逃げ出すのか・・というか、金にならない場所には人が少ないのか・・いずれにしても、賑やかな環境が恋しくなります。

○たとえば・・敵のいないゲーム・・試練やアクシデントのない映画・・事件が起こらない刑事ドラマ・・つまらないですよ。自分の味方しかいない環境もつまらないです。自分の好きな人しかいない職場・・なんか気持ち悪いですよね。ま、そんな事を考慮したうえで、理想的な状況を・・

想像してみると・・職場には、ある程度の人数の登場人物(レギュラーメンバー)がいたほうが良いし、ある程度の割合で嫌いな奴もいたほうが刺激的です。ま、いずれにしても、自分が他人の人生ドラマの登場人物となり、他人が自分の人生の登場人物となるわけです。

静かな町の小さな不動産屋にいると・・そんな事を考える時もあります。暇だからかな。(笑)さて・・解体予定建物内に、廃棄予定の残置物でもあれば、私が欲しいものだけ無償でお譲りいただければ幸いです。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.