ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産屋の常識
○不動産仲介の仕事をしていれば、遅かれ早かれ自殺物件に遭遇します。ま、契約に至るか否かは別ですけどね。ちなみに・・不動産業者自身が自殺するケースでは、自宅を事故物件にして資産価値を下げる事を回避するため、自宅以外の場所で決行する事が多いです。

私の知人のケースだと、公園で首吊りが2名・飛び降りが1名・練炭が1名かな。そんなわけで、今回は自殺の話。自殺にはそれぞれ理由があるわけで、遺書でもない限りは、自殺の理由は不明です。また、その自殺方法を選択した理由も当然ながら不明です。

ただ、不動産業者が自宅以外の場所を選ぶように、人それぞれ方法の選択に何らかの理由があるはずです。ビルからの飛び降り自殺や、電車への飛び込み自殺等は、『何故?・・』と思いますよね。それを私なりに心理分析してみると、次のような推測となります。

○飛び降りや飛び込みは、自分の死が即、公になること・・すぐに警察がきて、自殺者の住所・氏名等を調べ、身内の人に連絡をしてくれる・・その流れで、職場や友人・知人もその事実をすぐに知る事となります。人知れず、ひっそりと自殺して、数日~数週間も経過して、腐乱死体になっても、誰も気がつかない・・なんて事を避けたかったのでは?

また、日常的に孤独で寂しい日々が続いていたので、せめて死ぬ時は、人が大勢いる賑やかな場所で・・と思ったのかもしれません。自分という人間が、この世にいた事を派手に主張する方法・・とも考えられます。あとは、『道具がいらない』って事もありますね。首吊りなら縄・・みたいに、何か用意する方法とは違い、その場へ行き、前に進むだけで死ぬので道具不要です。

○不動産業者が自宅を事故物件にしないのは上記に書きましたが、電車への飛び込みやビルからの飛び降りるケースも少ないと思います。 遺族への損害賠償を避けるためです。仕事柄、民事訴訟に嫌悪感があるし、自分が死んだ後とはいっても、残された者を苦しめる事は避けたいわけです。

不動産屋は自殺する時でも、アレコレと気になってしまうのです。(笑)
フルコミの話
○不動産仲介のフルコミッション営業(固定給なし・成果報酬のみ)は収入が不安定ですが、成果が安定すれば収入も安定します。成果が安定するには、定期的に途切れず契約すること・・定期的に途切れず契約するには・・いわゆる固定給社員と同じ動きをすれば、固定給社員のような安定した成果が期待できる・・って事になります。

ただ、問題は、固定給社員や固定給プラス歩合の社員とは、収入以外にも差があるものです。広告宣伝費用です。会社は社員に対しては金を使いますが、フルコミには経費を使わない傾向があります。ま、これが問題なんですよ。『フルコミなんだから、勝手に営業して、何処かで金になる話を拾って来い!』みたいな社長さんもいると思いますが・・

それで食えるフルコミは業販専門のブローカータイプだけです。エンドユーザー向けの営業マンは、来店や広告反響が必要不可欠で、広告経費だけは使わないと、いつまでたっても成果は上がりませんよ。経費をかけないから損もしないけど利益も上がらない・・リスクもないけどメリットもない・・って事です。

・・で、その広告宣伝費をどちらが負担するか?で、歩合率が違います。会社が負担するならフルコミの歩合率が減り、フルコミが負担するなら会社の取り分が減るわけです。ただ、フルコミは無収入でも生活する必要があり、広告経費まで個人負担する資力が無い場合が多く、大半は会社負担です。

フルコミは職場に同じ待遇(フルコミ)の仲間がいたほうが良いです。・・いや、良いというより、かなり必要です。仲間の影響は大きいですよ。自分がヤル気になれない時でも、仲間が元気に仕事しているのを見ると・・『自分も頑張ろう!』という気持ちになります。

ま、話をまとめると、フルコミで失敗しない条件は、〇仕事面では社員と同じ動きをする 〇宣伝広告は不可欠 〇支えあう仲間がいたほうが良い・・って事です。現在の私には無縁の3つです。自分に無いからわかるんですよ。ま、ご用心。

雑談167
○深夜、1人で物思いにふける事があります。社会人になり、現在まで長年、働き続けてきたわけですが、現状がその結果であるなら、あまり意味のなかった人生だな・・とかね。自分なりには、浮き沈みの激しい激動の人生だったと思います。刺激的な局面も多く、極めて危険な状況に追い込まれた事もあり、心的外傷は数えきれません。

今は・・平凡でいいから、心安らかな安定した日々を送りたい・・なんて思いますが、今さら後悔しても手遅れなのは自覚しています。ま、無いものねだりですよ。もしも、平凡な人生を送っていたら、刺激的な人生に憧れると思います。もしも可能なら・・人生の前半は刺激的で、後半が安定的な人生・・かな。(笑)

若い時は好き勝手な生き方をして、中高年になったら、公務員になる・・とかね。もちろん絶対無理な話ですけどね。(笑)現実は、前半の生き方を後半も引きずります。

○人生で重要な選択は、1つは職業、一つは結婚かな。どちらも・・続ける事も、やり直す事もできます。具体的には・・職業は、転職を繰り返す事もできるし、結婚も、結婚・離婚・再婚を繰り返す事もできます。会社が嫌だから辞める・・相手が嫌だから別れる・・それも自由です。

ただ、どちらも年月の積み重ねに価値があり、長く続ける事でしか得られないものがあるはずです。ま、若い時期なら、やり直しも苦では無いですが・・中高年になってから、職業や結婚のやり直しはキツイですよ。何がキツイかっていうと・・

職業では、同世代が管理職や経営者になっている年齢で、新人からやり直すこと。結婚では、同世代もそろそろ子育てが終わり、中には孫がいる者もいる年齢で、独身からやり直すこと。・・かな。(笑)

サザエさんで言えば・・中高年は「マスオさん」ではなく、そろそろ「波平さん」の世代ですよ。たとえば・・波平さんが離婚して独身に戻ったり、転職して新人からやり直す・・って、想像しただけで悲惨では?(笑)

人生は決断の連続ですが、決断を下しても良い時期と、決断をしてはいけない時期があります。今みたいな時期は、大きな変化より、現状維持に大きな価値がありますよ。ご用心。
雑談166
○人の行為の全てが、その人を分析する材料になると思うし、同じ考え方や同じ行動をする人達が、同じ結果になるのは自然な流れです。

社長室や応接間を高価な品で飾り・・高級な応接セット・・大理石の灰皿・・そして、よく見かけるのが、鷲・龍・虎などブロンズ像や置物・・それを見た時、私は確信します。(そうか・・ここも潰れるな・・)ってね。

高級志向だから潰れる・・って話では無いんです。ま、丁寧に説明しますよ。とりあえず、そんな状態について私なりの推測ですが・・

○社長がヤクザ趣味・・心のどこかでヤクザに憧れている
○自己中心でわがまま・人の意見に耳をかさない
○それを恥じる事なく、また、現在まで改善する事なく継続中
○今まで誰も注意・助言をしなかった結果である。
○気が強く、気が短い、すぐ怒鳴る・・だから誰も注意しない
○相手を威圧する事を好むタイプ。なめられたくない。
○人と対等には付き合えない。対人関係は自分が上で相手が下

・・で、第三者の視点
○顧客は、ヤクザの組長室みたいな雰囲気に威圧感を感じる
○銀行員は、お金の使い方に不安を感じる
○取引業者は、距離をおいて付き合うべきだと確信する

・・で、結論
○そのような周囲の者に気持ちに気がつかない無神経
○そのようなリスクやデメリットに気がつかないバカ
○誰も注意してくれないので、裸の王様
○自分の知らないところで恥をかいている
○似たようなタイプの先輩方は、最終的に倒産している

・・ってかんじかな。ま、今日明日の問題ではないので、運が良ければ、そのまま商売を続けられるはずですが、遅かれ早かれ、結果は見えていますよ。ま、人が商売で成功しようが失敗しようが、私には関係ないですが・・ご本人は、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.