ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談009
○地元の話ですが・・病院でピロリ菌の除菌をする社長さんが多いです。胃癌の原因の一つを元から絶つ・・って事ですね。ま、それで心の不安まで除去できるなら、それはそれで良い事なのかな。長生きがしたいなら、酒や煙草をやめたほうが効果的と思いますけどね。(笑)

癌で亡くなる人が多いですが、【癌になる人が増えた】というより、【癌にでもならないと死ねないほど医学が進歩した】ってほうが正しいみたいですよ。人が死ぬと、その死因が注目されますが、死因なんか気にしても意味が無いと思います。

実際の死因の裏には、キャンセル待ちの死因が隠れていたはずです。そもそも誰でも癌になる要素はあるわけで、問題は、癌になる前に違う病気で死ぬか?癌になるまで生き延びて癌で死ぬか?って事です。たとえば私に、下記のような死の危険発生予定がある仮定します。

【不動歩の死の危険発生時期と結果】
20代/病気・事件・事故による死・・回避成功!
30代/病気・事件・事故による死・・回避成功!
40代前半/病気・事件・事故による死・・回避成功!

【現在】
40代後半/病気・事件・事故による死・・現在、回避中

【今後の予定】
49歳・・バイクで交通事故
50歳・・脳梗塞
56歳・・胃癌
61歳・・肺気腫
65歳・・駅の階段で転び、脳挫傷
74歳・・膵臓癌
88歳・・横断歩道を歩行中に交通事故
90歳・・ノロウィルス
100歳・・ミサイル攻撃によるマンション倒壊
103歳・・膀胱癌

・・なんてかんじで、次から次へと死の原因が発生するわけで、一番早く訪れた【死の回避失敗】が死因になるわけです。上記の【49歳・・交通事故】で死ねば、50歳に予定されていた脳梗塞も、74歳に予定されていた膵臓癌にもならず死ぬって事です。

60代までの死の予定を全て回避したとしたら・・70代以降に訪れる死の危険により死ぬのです。ま、確実に言えることは・・来年に訪れる死の危険を回避できない者が、5年後や10年後の死の危険を恐れても無意味って事です。

具体的には・・来年の肺癌を回避せず・・ピロリ菌の除菌により5年後の胃癌を回避しても無駄です。一番重要なのは直近のリスク回避です。ま、その順番が事前にわかれば苦労しませんけどね。(笑)ご用心。
雑談008
○私は新車を買った事がありません。また、車を売ったり、下取りにだした事がありません。過去に買った車は全て【中古車】で、【廃車】になるまで乗り続けました。・・で、そんな車に乗り続けていると、気がつく事があるんですよ。【物に完璧を求めてはいけない】って事です。

物には寿命があり、時間の経過とともに少しづつ壊れます。定期的に必要なメンテナンスをしても、全ての部品を取り替えるわけではないので、いずれは【修理するより買い替えたほうが安い】というレベルに達します。その時が寿命ですよ。新車だって、いずれは廃車になります。

中古車の場合、【残りの寿命が短い】状態なので、乗り始めて2年とか3年で廃車ってケースもあります。ミラーやドアなどが少しキズついた程度で全塗装するのは無駄です。キレイな状態を保ちたい気持ちはあっても、放置するか、自分で塗る程度で我慢するのが現実的ですよ。

○中古住宅も同じです。新築でさえ建て替えまでのカウントダウンがスタートしているのです。中古物件なら寿命の途中から引き継ぐわけで、見える部分がキレイに手直しされていても、見えない部分の劣化はあります。性格が細かく、小さなキズでも気になる人は、中古物件を買う適性がありません。不満の原因は物件ではなく、本人にあるのです。

高齢のバァさんと再婚して、『顔にシミがあるぞ!』 『オッパイが垂れているぞ!』 『そんな事、知らなかった!聞いていなかった!騙された!』・・と叫び、バァさんに責任を追求するのなら・・バァさんのほうが被害者ですよ。(笑)

○寿命があるのは人も同じです。白髪が増え、視力が低下して、運動能力も低下して・・40代でもそんなかんじですよ。老化は受け入れるしかありません。老化は体だけではありません。心も老化するし、場合によっては心に異常をきたします。

仕事や家庭でのストレスや不満が原因で心に異常をきたし、そのはけ口として、不動産屋の些細なミスをネタにクレームを言うケースもあると思います。そのような人は、周囲に迷惑をかける前に、カウンセリングを受ける事が望ましいです。そうしないと、やがて職を失い、家族から見放され・・孤独死する事になります。ご用心。
雑談007
○店で留守番をしながらブログ更新です。コーヒーを飲みながらノンビリした時間です。午前中の来店は、駐車場の賃料を持参した人が1人だけです。ま、普通の日・・ってかんじですね。

○ここ数日、昔の知り合いに遭遇する事が連続しました。1人はタクシーの運転手さんで、よく見ると・・私が若い頃(地上げ屋で修行していた時)に部長だった人です。資産家の子孫なので金には困っていないけど、暇つぶしで働いているようでした。

世間話をしていると・・『子供が結婚しないので、孫が期待できない』と嘆いていました。もう1件の遭遇は・・やはり大昔の知人で・・『子供が問題を起こしてばかりで困っている』と嘆いていました。いずれにしても中高年の悩みは【子供のこと】ですね。

その時期を過ぎると、あるいは同時進行で、自分の親の介護問題が発生します。老老介護とかね。50代前後は、親の面倒と子供の面倒をみる立場となり、人生で一番キツイ時期といえますね。

私の同世代でも、早い者は孫がいます。子供だった自分が大人になり、親になり・・祖父になれば・・あとは死ぬだけ・・って流れですが、長生き=幸せ・・ってわけでもないのが現実です。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.