ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談017
○知人から、こんな話を聞きました。『ある地場業者に腕の良い営業マンがいて、営業マンも会社もたくさん儲かったのに、社長さんが怒鳴ってばかりいたので、その営業マンは辞めてしまった。もっと営業マンを大事にすれば、会社も末永く儲けられたのにね。』・・って話でした。

私は話を聞いて、違う推測をしましたよ。・・その営業マンは怒鳴られる環境によって、たくさん契約する事ができた。しかし、たくさん契約した事で、営業マンは自分の実力を過信して・・怒鳴られる理由は無いと思い、そんな労働環境に我慢ができなくなり、辞めた・・と思います。

もしもその社長さんが、やさしい対応をしていたら・・営業マンは業績が上がらず、稼げず、辞めた可能性もあります。どっちにしても、辞める運命だったなら・・甘やかされて稼げず辞める結果より、怒鳴られても、稼いで辞めた結果のほうが、金銭的に得な事は間違いありません。本人も会社もね。

営業マンの業績は、営業マンの実力・・ってわけでもないんですよ。カンタンな引き算です。体重を計る時、服や下着を脱ぐでしょ?服を着たまま計量しても正確ではありません。会社の信用や労働環境・安心して暮せる固定給・・そんな、あらゆる支援を断ち切った状況下で、どれくらい業績を上げられるか?・・それが【実力】ですよ。

営業マンは自己啓発に苦労します。いついかなる時でも厳しく指示をしてくれる上司や会社のおかげで数字が上がる・・ってのが現実ですよ。ただね・・厳しくしすぎて退職に追い込んでしまうのは、会社側として、どうなのかな・・と思います。会社としては・・辞めさせたい営業マンもいれば、辞めさせたくない営業マンもいるはずです。さて・・アナタはどちらかな?(笑)ま、ご用心。

○さて・・月末なので、所有権放棄の残置物を募集中!(関東限定)住宅・事務所・店舗・工場・ビル・解体予定建物の残置物も大歓迎!どうせ捨てるなら、私が欲しい物だけ無料でください。

ゴミ屋敷は小物が沢山あるので大歓迎!!賃貸物件・相続物件・競売落札物件・任意売却物件・事故物件・・等の残置物も大歓迎!

『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるよ!不動歩さんの欲しい物があれば無料で持ち帰っていいよ!』と言っていただける方はご連絡ください。欲しい物だけで恐縮ですが無料で引き取ります。

残置物はありませんか?

ドロップアウト
健康保険料も年金保険料も、もちろん税金も・・上がり続けるのは確実ですが、それにより、働けば働くほど負担が増えるようになり・・そんなアホらしい生活にウンザリして、ドロップアウトする人が増えるのも確実です。具体的に説明しますと・・実家とかに住民票は置きっぱなしで・・

住所不定・・それにより、税金も健康保険料も年金保険料も税金も、ぜんぶ無視して・・職業も日雇いを転々・・あるいは他人名義で働き、給料の差押も回避・・知人宅に転がり込み、生活すれば、公共料金の名義も全て知人なので自分の名前は表にでません。べつに犯罪者が逃げ回っているわけではないので・・誰も真剣には探しません。

もちろん、そんな状況ではマトモな就職もできませんが、そもそも、真面目に生きていても、マトモな就職ができない世の中です。どっちにしても不安定なら・・稼いだ金を搾取されぬように上手く逃げ回る・・そんな生き方が増えますよ。もちろん、安定した生活とか、幸せな結婚とか、豊かな老後とか・・そんなのは諦めた生き方です。

みんながそうなる・・というわけではなくて、一定の比率で、たとえば100人に1人か2人だったのが、今後は5人~10人になる・・って憶測です。90%の人は、いわゆる【正々堂々】と生きていく事ができると思います。ただ、収入の中から徴収される税金や社会保障費用の負担は増え続けるので、表面上は自由でも、経済的には囚人です。

経済的に【囚人】か、【逃亡者】か?の2択ですよ。(笑)ただ、守るものが有る人は逃亡者の選択はないので、たとえば資産や家庭のある人は、どんなに負担が増えても耐えるしかありませんが、資産や家庭が無い人は・・ドロップアウトする選択肢があるって事です。

【税率を上げたら税収が上がる】・・という単純な結果ではなく、副作用があるわけです。ドロップアウトが増えれば、税金を払う人が減るわけですから、また増税となり、そのツケは真面目な人が払う事になります。治安も悪化します。悪いことをすれば・・家庭を失う・・職を失う・・ってリスクが法令順守の担保なんですよ。

その担保がない者にとって、犯罪リスクは刑罰だけです。しかし、刑務所を・・【敷金なし・礼金なしの無料宿泊所(3食付・光熱費無料)】と考える者にとっては、刑罰はリスクになりません。今は刑務所も満員です。刑務所を増やせば・・予算も上がり、またまた増税・・となれば、ドロップアウトや犯罪者が増えます。

警察の予算も増やす事になります。負のスパイラルですね。話をまとめると・・年寄りが長生きすることで、社会保障費が増えて、現役世代の負担が増えて・・ドロップアウトが増えて・・世の中はどんどん悪くなる・・ってことかな。(笑)
最強
○不動産業界くらいしか知らない私ですが、この業界には、気が強くて、自信過剰で、負けず嫌い・・の者が多いと思います。会社の大小は関係なく、大手でも、地場業者でも、営業マンでも、社長さんでも・・名刺交換した時は笑顔でも、トラブルにはれば好戦的ですよ。(笑)

ま、腕のいい営業マンには好戦的な者も多く、それが営業マンに必要な適性・・といえなくもないですが、誰が見ても、好戦的に見える暴君は問題ですよ。それに、あらゆるシーンで強気なら・・ただのバカです。(笑)ま、何を自信の根拠にしているか?は人それぞれですが・・

元・不良とか、ヤクザの知人がいるとか、武道の有段者で喧嘩が強いとか・・そんな事が自信の根拠って人もいます。でも・・それって、自分自身の事ですよね。人間関係では相手がいます。紛争の相手がどんな人か?・・それを知らずに好戦的な態度をとると・・危険です。

相手が【最強】なら要注意です。最強とは・・失う者が無い者です。任意売却とか競売の仕事で出会う債務者(客)は、家を失うと同時に家族や職業を失っているケースも多く、はっきりいって、『もう、どうでもいい・・』と考えています。

『これ以上、失うものは無いし、べつに、いつ死んでもいい・・』なんて雰囲気ですよ。何か問題が生じて、損害賠償を請求してみたところで・・『無いものは無い、取れるなら、取ってみろ!どうせ払えないから、100億円でも1000億円でも、好きなだけ請求してくれ!』・・って言われますよ。ま、無敵です。(笑)

紛争の相手が・・離婚して1人暮し・・癌で余命半年・・であれば、これも最強ですよ。半年で死ぬわけですから、何をやっても死刑にはなりません。・・というか、刑の執行が絶対に間に合いません。そんな者を相手に争いになれば・・自分は法律を守るしかないけど、相手は法律を無視できるわけですから・・勝てるわけないです。(笑)

不動産ブローカーと呼ばれる者の中には、借金を踏み倒して逃げてきたようなのがゴロゴロいます。家も無い、金もない、家族もいない・・守るものは命くらいしかないから、金を渡したら回収不能です。これも、ある意味、最強ですよ。ま、いろんな人がいますので、よく人を観察して、遠ざけるべき人は遠ざけないとね。

会社での立場、地位、収入・・妻・子供・・家、預金、資産・・そんな、守るべきものがある人は、自分が最強でも無敵でもない、弱い存在だと自覚して用心すべきです。自覚しないでいると、自分もいつか・・最強になってしまいますよ。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.