ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
フルコミ・あれこれ
○長い付き合いの中高年・営業マンが・・かなり、フルコミ化しています。元々フルコミだった営業マンも別の会社に移っているケースが多く・・景気が良くても悪くても、人の動きが激しい業界だな・・とつくづく感じます。

少しばかりの人脈ですが・・フルコミを使う側の話もよく聞くし、フルコミ営業マン達の話もよく聞きます。私はフルコミの立場なので、フルコミの気持ちはわかりますが、使う側の気持ちもわかりますよ。

不動産営業マンは、固定給でも、固定給プラス歩合でも、フルコミでも・・食えなければ辞めます。とくにフルコミはその傾向があります。生活もあるしね。無収入の日々が続いても笑っていられるほど金があれば良いですが、数ヶ月食えなければ大半は辞めます。

フルコミで営業マンを使えば、費用をかけず待っているだけで、フルコミ営業マンがいろんな契約案件を持ち込んでくれる・・ほど甘くありません。ま、何回も書いていますが、フルコミッション営業は大雑把に分けて、次の2つのグループに分かれます。

●会社は何もしないケース・・フルコミ営業に与えるのは名刺だけ。(その名刺さえフルコミ営業マンに実費請求するケースもあります。) 歩合率は高く、成約時には手数料収入の半分以上がコミッションになりますが、会社も、フルコミ営業マンも、経費をかけないため、成約確率は非常に低いです。フルコミ営業マンの出社義務はなく、自由度は高いです。

●会社が広告宣伝活動をするケース・・フルコミ営業マンは、広告の準備~手配~反響対応・・等、正社員と変わらぬ動きをします。ガソリン代は調査費用の実費等まで会社が負担するケースもありますが、その分、歩合率は低くなります。会社の経費を使っているで、フルコミ営業マンには、出社や報告の義務があります。

フルコミ営業マンを目指す方も、フルコミ営業マンの募集を検討している会社も、まずは上記のどちらの方向へ進むか?決めるのが先決ですが、どちらでも対応できる人ばかりではありません。

たとえば・・他社で不動産営業の経験がある社長さんなら、チラシ広告による営業方法を理解していますが、経験のない社長さんはチラシの単価や費用対効果がわからず、まず無理です。フルコミ営業の人も同じです。

他に本業の仕事があり、本業の人脈を活かして不動産仲介でも稼ぎたい・・という人もいますが、たまに不動産取引を望む友人・知人を紹介する程度なら、フルコミ(従業者)ではなく、紹介して紹介料をもらえばいいだけの事です。

どちらにしても成約となれば契約書類の作成もしなければならないし、会社には法的な責任も生じます。会社としては、『フルコミ営業なら誰でもいい』・・とはいかないし、逆にフルコミ営業も、『何処の会社でもいい』・・とは考えません。

歩合率の数字で合意してスタートしても、上手くいかないケースのほうが多いってのが現実です。相性もあるしね。ま、ご用心。
無題
○「現地販売会・・をやってるけど、客が1人も来ないから暇で困った。」・・と電話をしてくる仲間がいますが、物件の横に止めた車で昼寝している営業マンよりはマシかな。・・少なくとも、寝ずに起きている事は評価できます。(笑)

○新築の建売が売れず、売るのを諦めて【貸家】として入居者募集中の物件がありましたが、成約したみたいです。・・おめでとうございます・・と言っていいのかな。(笑) 

○先日、店で留守番していたのですが、来店は1人だけ・・しかも・・「ヤクルトは、いかがですか?」・・だってさ。

○ブログを長くやっているとね、ウケる話・・好感がもてる話・・好かれる話・・って、なんとなくわかってくるんですよ。カンタンに言えば・・前向きで真面目な話が無難だし、好かれます。

しかし・・へそ曲がりの私としては、逆の事をしたくなるんですよ。人気を上げたい・・好かれたい・・それなら、お客様向けの商用ブログと同じになっちゃうでしょ?(笑)

○そういえば、残置物の募集を始めてから・・女性からのメールがめっきり減りましたよ。(笑) ま、わずらわしくなくて良い傾向かな。メールもらっても、なにかするわけじゃないしね。(笑)

○本日までにいただいた相談のメールはぜんぶ返信しました。さて・・テレビでも見ながら寝るかな。
雑談068
○建築資材、設備、労務費・・等の建築コストが上昇しています。だから、マンションや戸建ての建築費も上がります。その結果、新築マンションや新築一戸建ての原価が上がり、販売価格も連動します。しかし・・それは売る側の都合です。

【売る側】と【買う側】は事情も都合も違います。買う側を取り巻く経済事情は・・年収ダウン・・雇用不安・・少子高齢化による親の介護・・あらゆる増税・・健康保険料や年金保険料、その他の社会保障負担増・・また、売る側と買う側の双方に深く関係する・・全国的な空家率上昇・・商店街は廃業によりシャッター通り・・マイナス要因は数えきれません。

しかし、売る側はあらゆる方法を駆使して、【今が買い時!】・・というニュースを撒き散らします。テレビ・ラジオ・インターネット・・広告だけでなく、有識者だの不動産のプロだのと、いろいろな人達が金で雇われて、スポンサーに都合の良い情報を組み合わせて、購買意欲をかきたてるような未来予測(前向きな物語)を語ります。

消費者は、垂れ流される情報をそのまま受け入れるのではなく、あらゆる情報から総合的な判断をする必要がありますね。オリンピックで景気が良くなる・・建築業界は人手不足・・こりゃ、今が買い時だぞ!・・ってほど単純でもないと思います。屋根に登らされてハシゴを外されたら・・降りられませんよ。

年金受給開始の年齢は、どんどん上げてくるでしょう。そのうち平均年齢を超えるかも。(笑)・・となれば、35年返済の住宅ローンは、最後の最後まで、働いて返済する事になります。過去5年、10年程度でも、政治経済の変化があったのに・・35年先・・誰も予想できない世界です。・・しかし、借りたら返さないと差押え・競売コースですよ。ご用心。
雑談067
○なんでかな?・・と思う事があります。ま、昔との比較ですが、昭和の終わり頃・・不動産仲介営業マンてね・・チラシ作成も原始的で・・文字はワープロで打って切り貼り・・間取りも手書きで完成したらコピーして切り貼り・・「和室6畳」て文字も他の図面から切り取って貼り付け・・そんなかんじでした。

携帯なんか無くて、ポケベルも、文字表示も無しで音だけの時代・・外出したら2時間に1度は会社に電話をして、何か連絡が無いか?確認するのが常識で・・それでも、固定給や歩合率などは、現在とさほど変わりませんでした。みんな、さほど苦労なく普通に契約して普通に稼いでいたイメージです。

50代の営業マンなんてゴロゴロいたので、若かった私は、「こりゃ、死ぬまで営業マンで食えるな・・」なんて思っていましたよ。(笑) ・・で、それから約30年くらい経過して・・パソコン・インターネット・携帯・・その他いろいろ・・とにかく便利になりましたが・・営業マンの仕事がラクになったとは思えません。逆に・・いろいろな事が細かくなり、複雑になり、苦労は増えてます。

機械などは便利に進化しましたが、少子高齢化や家余り、不況による中高年のリストラ・・状況は悪くなってます。インターネット広告が主流になり、【メール】のやりとりが増えた分、【会う】 【話す】・・が減り、【電話】や【訪問】が迷惑行為になりつつあります。営業マンから、【会う】と【話す】を奪ったら・・仕事になりませんよね。(笑) ま、ご用心。

○さて・・月末まで暇なので、趣味と実益の副業にシフトします。『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるので、欲しい物があれば無料で持って帰っていいよ!』・・と、言っていただける方がいましたら、ご連絡ください。明日でも明後日でもOKです。
残置物はありませんか?




大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.