ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談084
○最近は面白い記事が書けないなぁ・・と自覚しています。ちなみに私が面白いと思う話は、実話では、暴行容疑で、フィクションでは、老朽化マンションの未来2かな。ちなみに史上最悪の恥ずかしい話が、男と女の話4かな。今でもトラウマですよ。(笑)

いずれにしても、大手とか、あるいは地場でも人数の多い会社にいれば、ブログのネタに困りませんが、小さい会社にいると、情報の数もエピソードの数の少ないので、毎日書くのはキツイですね。

でも、相談メール等は頻繁にくるので、不動産の事を考えている時間は、さほどは減っていませんよ。ちなみに、ブログ1話書くのと、メール1通返信するのは、同じ程度の時間と労力です。

○自分自身が取引の担当者として関わる数は、大手にいる時と比較すれば激減していますが、それも自然な流れかな。近い将来、営業が無理でも、一歩後ろに下がったスタンスで経験を活かした仕事をしたい気持ちはあります。

ま、それで報酬が得られるなら最高ですが、とりあえず、ブログ経由の相談は無料を貫き、趣味の範囲に収めておくつもりです。

所有権放棄の残置物募集は今後も続きます。最近は電車で行って、スポーツバックに2~3個分をもらう程度ですが、ブログの読者(同業者)とお会いして、話しながら、楽しめれば良し・・そんなかんじです。
残置物はありませんか?
雑談083
○ランチでスパゲティのボンゴレを注文したとします。・・その段階で、他のナポリタンやミートソース、イタリアン等を食べるチャンスを放棄した事になります。人は何か行動をする度に選択を迫られ、選択した瞬間に、無限にある可能性を放棄しているのです。無限?たとえば上記のランチでは・・

他の店に行く選択もあったわけだし、あるいは食事をせず本屋へ行くとか、公園のベンチで休む・・等のあらゆる行動と可能性があったわけですよ。もしも、公園のベンチで休んでいたら・・美しい女性と運命的な出会いがあったかもしれません。本屋へ行けば、自分の人生を左右するほどの本に出会えたかもしれません。

毎日をなんとなく過ごしていても・・激しく動き回り、いろいろな事を成し遂げても・・1日は1日です。私も1日を無駄に過ごすことがあります。そんな時に思うわけです。(何かすべきだったのかな・・何かできたはずなのかな・・)ってね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○「公務員になれば良かった・・」とぼやく営業マンがいました。ま、昔は今ほど難しくなかったので、なろうと思えばなれた・・という前提があるわけですが・・もしも時間を戻すことができて・・役所に就職したとして・・安定は間違いないですが・・輝かしい日々を送る事ができるか・・

朝、タイムカードを押して、みんなに挨拶をして、デスクでどーでもいいような仕事をする・・いわゆる「遅刻するな!仕事するな!」の雰囲気で、少ない仕事をどれだけ時間をかけて処理するかがテーマの日々・・(1度しかない人生なら、リスクはあっても、熱く、激しく、燃えるような仕事をしたい!)・・とは思うけど・・

周囲や家族からは反対される・・「せっかく公務員になったのに、お前バカか!絶対にダメだよ!」と猛反対されて断念・・囚人のように、決められた時間に決められた場所へ行き、決められた作業をして決められた時間に帰る日々は定年まで続く・・なんてね。それでも、うらやましいでどね。(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○公務員の方からメールをいただいた事があります。「公務員を辞めて、不動産営業マンになりたい!」って内容でした。さすがに私も反対しましたけどね。でも、人間て・・どんな状況でも、不満や後悔が付きまとい、隣の芝生が青くみえるのかな・・。

○1つを選択した時に、他のあらゆる選択を放棄している事実に気がついてしまったら・・後悔しないほうがオカシイです。後悔しないなんて・・ありえないのかもね。ま、過ぎた日は戻りませんが、明日については間に合います。明日をどのように過ごすか・・明日が今日と同じにならぬよう、今日のうちに、考えたり、悩んだり、覚悟したりしないとね。ま、ご用心
転々
○不動産仲介営業マンの悩みは多いですが、その中の一つをお話しします。不動産営業職の中でも仲介営業は完全なる個人主義で、個人の成果が全てです。数字が悪ければ全て【個人責任】となり、その結果・・3ヵ月数字が悪ければアウトです。・・で、雇用が不安定・・転職が多い・・この事でも確実に苦労しますが・・

一番辛いのは・・【職を転々・・】と言われることです。就職しても長続きせず、すぐ辞めてしまう・・我慢が足りない・・社会人として不適格・・家族への責任感がない・・カンタンにいえば、【ダメ人間】の評価です。「不動産仲介営業マンにはよくある事なんですよ」と・・言っても、全て【苦しい言い訳】にしか聞こえません。

「ダメ人間がダメな理由を他人のせいにしている・・だから、ダメなんだよ」・・なんてね。業界のせいにしても・・「では、何故?そんな業界を選んだ?選んだのは自分の責任だろ?」・・と反論されますよ。何を言っても、どのように説明しても・・不動産仲介の内情を知らない人に理解される事はないのです。

仲介営業マンには離婚暦のある者も珍しくはないですが・・女遊び・浮気・・博打・金使いが荒い・・等の世間の人が思うような理由とは限りません。実際は、雇用が不安定で転職が多く、無職の期間が長引くなど、経済的な理由が多いと思います。個人破産の経験者も多いしね。

不動産営業は大金が稼げる・・と夢見て不動産業界に飛び込む者は多いです。しかし、いつの日か、人生で最も辛い時に・・自分の大切な人達から・・ダメ人間の評価をされる可能性がある事だけは忘れないでくださいね。(笑)ま、ご用心
フェードアウト
○昔に買った田舎の分譲地を売りたい・・という相談がある度に、(たぶん、本人を落胆させる結果になるだろう・・)と思います。最近も知人経由でそんな話がありました。1200万円で買ったらしく、できれば1000万円位で売りたい・・という話でした。

レインズで現在の売り物件を検索したところ・・調査対象地の並びに売物件がありました。地形も土地の面積も、ほぼ同じ程度で・・200万円でした。(笑) ・・あわてないでくださいね。1200万円で買った土地が200万円・・て話ではありませんよ。200万円で売り出しているけど・・それでも売れていない・・って話です。

私の推測では・・100万円に下げても、あるいは50万円に下げても・・誰も買わないと思います。理由は・・「必要ないから」 私なら100円でも買いません。必要性がなく、流通もしない物件は、固定資産税を払う債務でしかありません。

・・でね、そんな土地の所有者に、「あんたの土地は50万でも売れないよ。なんの価値もないゴミみたいな物件だよ。いや・・ゴミなら捨てればサヨナラだけど、土地は捨てられないので固定資産税を払い続ける債務付きの疫病神だから、ゴミみたいといえば、ゴミに失礼かな。」・・なんて本音は言えません。

1200万円で買ったけど0円・・て話ではありませんよ。あわてないでくださいね。法令に従い、【不動産査定マニュアル】等を活用すれば、いくらかの査定金額が算出されるはずですが・・現実的には・・利用価値も無く、無駄に払う固定資産税が年間1万円程度なら、10年分で10万円・・年間3万円なら10年で30万円です。それだけでも、「マイナス」の根拠になります。

ま、そうは言っても、現在の常識では、査定額が【マイナス】なんて非常識すぎて言えません。それに所有者は、「昔、大金を払って購入した」という事から、「もったいなくて安くは売れない」・・という人ばかりです。死ぬまで固定資産税を払い続けて・・死んだら子供が相続して・・子供が売ろうとしてもやはり買い手がつかず・・子供も固定資産税を払い続ける・・ま、そんなかんじかな。

・・で、相談の返答ですが、そんな現実を伝えたら怒られますよ。だから・・「そんなに高く購入されたのなら、今は売らずに、もっていたほうがいいですよ。」 「せっかくですが、地域外なので当社では対応できません。地元の不動産屋に相談してみては?」などと言って・・怒らせず、フェードアウトが堅い選択ですね。ま、ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.