ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
残るわけがない話
○税金や税率のニュースを見る度に思うのですが、税金やそれらの類の徴収される金銭は、総合的に考えないと、勘違いしますよ。

たとえばね・・会社員が給料から税金を1割くらい引かれたとします。・・で、(税金は1割か~)と判断して、買い物をする時に取られる消費税はそのうち1割になりますが・・(消費税1割か~)と判断することでしょう。これだけで・・

稼いだ時に1割引かれて、使う時に1割取られる・・しかし、税金や税率のニュースを見たり、議論する時には、それぞれ個別の話になっちゃうわけです。・・で、御用学者達が、「他国と比較して日本の消費税率は安い」とか言い出すわけです。

現実的には、強制的に徴収される【国民年金保険料】や【国民健康保険料】や【NHKの受信料】も、国によっては税金の範囲内かもしれません。日本では税金ではないので議論の対象外ですが、私に言わせたら・・法律で強制しているわけですから、間違いなく【税金】ですよ。

・・で、給料から引かれる税金と、年金保険料と健康保険料を全て足すと・・2割か3割になります。・・それらを引いた残りカスで生活するわけですが、そこから消費税を取られるわけです。ガソリン税もタバコ税もね。

「稼いでも何故か?金が貯まらない・・」という人が多いですが、そりゃそうでしょ。稼いだ時に2割減り、使う時に1割減れば・・3割は消えます。それ以外にもありとあらゆる経済的な動きに課税されますので、金が残るわけがないのです。

稼いだ時に全部とっちゃうと、半分くらいしか残らなくなって・・働く気力がなくなるでしょ?だから、年金とか健康保険は【税金】とは違う扱いにして・・税金は少なめな雰囲気にして、あとは買い物をした時にガツンと取って、翌年に住民税等を取る・・ま、そんなかんじかな。

消費税が10%になったら・・1000円の品物を買うには1100円必要になるわけですが・・内税の表示なら品物代が1100円なので、バカは得した気分になりますよね。・・でも、そのために1100円を稼げば良いわけではなくて・・1400円くらい稼いで、手取り1100円で・・1100円の買い物をする事になります。

居酒屋で友人に約3000円、奢ってもらったとします。その場合・・その友人が約4000円稼いだお金が、手取り約3000円になり、それで、ご馳走してくれた・・って事になります。だから、約4000円分は感謝しなければいけません。

注)この記事はわかりやすくするため、数字や税率は全て1割単位に単純化しているため、正確ではありません。
自業自得
人生では、あらゆる選択肢の中から、たった一つを選ぶ時があります。その選択を間違った場合、取り返しがつく事もあるし、取り返しのつかない事もあります。日常的にある小さな選択ならともかく、その後の日々に影響のある選択には慎重さが求められます。

○クルマ選び・・2シーターで2人乗りのスポーツカーは、【カッコいい】ので、独身の男が彼女とドライブするには良いですが、時期がきたら買い換える事が前提です。結婚して・・子供ができて・・となれば、2人乗りでは困ります。ま、ありえない話ですが・・もしも、【生涯、買い替えはしない事】という前提なら・・ワゴン車を買うのが堅い選択です。

○家選び・・クルマのように、その時の家族構成に応じて買い替えを繰り返すなら、「今」のことだけ考えて選べますが、いついかなる時でも住宅ローンが利用できる人以外は・・今ではなく、将来の状況を予想して、対応できる家を選ぶのが堅実です。

○ペット選び・・雑種の犬は番犬くらいにはなります。ドーベルマンや土佐犬などの犬は強いので何らかの役には立ちます。シェパードは有能で、警察犬になることもできます。ポメラニアンやチワワは、【愛されること】だけで存在価値があります・・が・・それ以外のことを求めてはいけないし、求めても無理です。

○嫁さん選び・・あり余るお金があり、贅沢な暮らしを保障できる立場なら・・綺麗・カワイイ・お嬢様・・という基準で選んでも問題ないかもしれません。部屋のインテリアや飾りつけが得意で、オシャレな食器を買い集めて、高価な食材でキレイな料理を作る・・それだけで良いなら、お嬢様育ちの美人妻が適しています。

ただし・・不動産営業マンが【愛されること】だけしか能力の無い相手を選ぶのは危険です。不動産営業マンは不安定な職業です。長い人生、良い時ばかりではありません。苦しい時、貧しい時・・助けてほしい・・一緒に頑張ってほしい・・と思っても・・【愛されること】だけしか能力のないお嬢様には無理です。パートにでて家計を助けるくらいなら、さっさと離婚して実家へ帰りますよ。(笑)

不動産営業マンの離婚は珍しくもなく、その大半は、不安定業種の不動産営業マンに原因がある・・ってのが一般的な意見だと思います。しかし、それなら、【不安定業種の不動産営業マンが相手でも離婚しない】という我慢強い相手を選べば良かったのでは?カワイイとか美人とかお嬢様とか・・そんな理由で選んだのなら・・自業自得ですよ。(笑) これからの人はご用心。

雑談107
○死に関連した話を書く事が多いですが、誤解を恐れずにいえば・・【死】ほど興味深く面白いテーマはありません。不動産屋の皆さんは・・100億円の借金をして・・返済せず死ねば勝ちか?・・どう思いますか?

現実的には、死ねば何もかも免責みたいなものですよ。借金だって殺人だって、あらゆる責任の追及はできません。倫理的、道徳的、人情的・・には問題があっても、死人が責任を果たすのは不可能です。

○一生懸命に働き、倹約して1億円を貯めて亡くなった人と・・稼いだ金は全て使い切り、借金を残して亡くなった人・・どちらが得か?どちらが道徳的か?どちらが幸せか?

○「水も飲まず飯も食わず・・ただ生きているだけで金がかかる世の中だな。」と仲間と話す事があります。銀行の口座引き落としで、自動的に消えるお金・・多いです。公共料金や税金、住宅ローン・・個人差はありますが、月10万円~20万円は消えるのでは?

支払いのために稼ぐ日々なら・・さっさと死にたいとまでは思わなくとも・・長生きしたいとは思わなくなります。死ぬのは怖い・・生きるのは辛い・・死ねないから生き続ける・・生き続けると腹が減る・・何か食べたいなら金が必要・・金が必要だから働く・・コレ、最悪ですよね。(笑)

○昔は、知人が亡くなると・・(可哀想に・・まだ生きたかっただろうに・・)と思いましたが、最近は違います。(あらゆる悩みから開放されてラクになれたのかな。)と思います。

○シエラレオネ共和国の平均寿命は46歳、中央アフリカ共和国は50歳、ソマリアは53歳・・日本は84歳(男性80歳・女性は87歳)・・この数字に至ったあらゆる原因を考慮せず、単純に、20歳以降の【大人になってから死ぬまでの年数】にすると・・シエラレオネ26年、中央アフリカ共和国30年、ソマリア33年、日本64年・・です。

納税者としての寿命に2倍くらい違う計算になります。ま、実際は、平均寿命の短い国は、小さい子供の死亡等が極端に低い数字の原因と思われますが、いずれにしても世界一の長寿国は日本です。・・しかし、日本で長生きするコスト(衣食住・医療・納税等)は半端じゃありません。

単純に・・成人してから死ぬまで家賃6万円の部屋に住み続けると・・年72万円・・10年で720万円・・64年で4,608万円です。「衣食住」で軽く1億円は超えます。その金は働いて払うわけですから・・長寿国で長生きするのもラクじゃありませんね。(笑)ま、ご用心。
雑談106
○オートバイが故障する度に悲しくなります。バイクや自動車は古くなるといろいろな部品が劣化により正常な動作をしなくなり・・細かい故障は修理できても、重大な故障(エンジン等)では、修理が困難になれば廃車です。・・コレって、人間に似てますね。

人も古くなるといろいろなところが老化により正常な動作をしなくなり・・薬や手術で治す事はできるけど、重い病気は完治が困難で、いずれにしても心臓が止まったら終わりです。古いオートバイと中年の自分に共通点が多いので、悲しくなるわけです。(笑)

○オートバイ等の機械は新品の段階で完成していますが、人間は成長があるので、いろいろな能力が最高の状態になるまで年月を要します。職業により違いますが、仕事における能力・気力・体力など、充実した仕事ができるのは20代~30代では?

やがて中高年になれば、気力も体力も減退します。高齢になればなるほど気力・体力は無くなり、ま、最後は死ぬわけです。そんな流れを考慮すれば、中途採用の募集に関しても、若い人を落としてまで40代以上の人を採用するはずがありません。

不動産営業は若さや気力・体力を必要とします。中高年の知識や経験は武器になりますが、知識や経験は管理者にあれば良いわけで、言われたまま動く兵隊にとっては、若さのほうが重要です。ま、若いから採用された人は、若くなくなったらサヨナラ・・ってのが現実ですけどね。

中高年、あるいは高齢者でも、気力や体力があり、全力で仕事をする人もいますが、それは残り少ない寿命をさらに縮める行為です。古いオートバイを限界まで酷使して乗り回せば・・本来の寿命より早く壊れますよ。長く乗りたいバイクなら、ある程度セーブして無理をしない事です。

大手仲介会社の営業マンは忙しく動き回りますが、セールス活動は仕事全体の1割以下です。9割は・・チラシ作成やチラシ印刷、チラシ投函、ネット情報等に物件登録、業者回り、社内書類(報告書等)の作成・・等です。夜遅くまで仕事をする日も多く、気力と体力は必要不可欠です。

いわゆる【定年退職】まで続けられる仕事ではありません。激戦区の最前線で戦うには40歳くらいまでが限界です。その年齢を超えると、気力・体力を不要とする「業者買取り」等の案件が増えます。数字は上がりますが、営業マンとしての限界が来たと考える事もできます。

○不動産営業マンも家を買うし、住宅ローンも借りますが・・40代くらいが限界の職業で・・80歳まで続く長期のローン・・払えるのかな?退職金もないし、年金なんか期待するほうがバカだし・・現実的には、早めに団信で完済コースが確実かな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.