ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談004
○年末年始の休暇中に・・亡くなった賃借人・・やっぱりいました。1人暮らしはリスクありますね。まだまだ寒い日が続きますので、3月末くらいまでに、もう1人か2人は逝くのかな。

○最近は、いただいたメールの返信をしても、送信エラーとなるケースが多いです。おそらくは、ご記入いただいたメールアドレスに間違いがあるものと推測します。

○シャッター通りを通る度に・・寂しくなります。町に活気があった頃を知っているからかな。シャッター通りはシャッターが閉まっている店が多い・・ってだけではなく・・そもそも人が歩いてないんですよ。曇り空で風でもふいていれば・・ゴーストタウンの雰囲気です。

店舗が空いて・・すでに10年・・そんな物件もあります。もう募集しても無意味・・そんな廃れた商店街に店を出すバカはいません。賃料の安さに飛びついて借りても・・時間の問題で潰れます。金持ちが道楽でカメラ屋でもやるなら別ですが、利益を上げようと思うなら敬遠すべきでしょう。

○家余り対策でボロ家の固定資産税が上がれば、(減免の解除) ボロ家をタダ同然で手放す人が増えるので・・過疎化が進む地域の土地価格が・・もっと下がりますね。・・土地価格がタダ同然になれば・・売買の仲介なんかやってられませんね。

でも、解体する人も増えれば・・解体屋は忙しくなります。解体屋が忙しくなれば・・残置物も増えるかな。・・であれば、私も副業(古物商)で忙しくなるはずです。さて・・どうなることやら。
雑談003
○コンビニでも、ファーストフードでも、「いらっしゃいませ」 「ありがとうございます」・・と言いますが、べつに感謝しているわけではありません。また、言われた側のお客も、その言葉が本心から感謝されているとは思っていません。【マニュアル】であり、【システム】だと双方が認識しています。

挨拶やお礼は、言うのが当然で、逆に、言わなかった時に、【失礼】【無礼】・・となり、相手を怒らせたり、相手に嫌われる事態になります。だから会社は、挨拶やお礼の言葉まで【マニュアル化】して、リスク回避をしているわけです。

そのような形骸化された言葉や習慣は、他にもあります。年賀状、お中元、お歳暮等です。相手によっては、出すのが当然で常識・・もしも出さなければ・・失礼・・無礼・・となるケースさえあります。

○大昔は、飢饉、自然災害、戦、病気・・いろいろな苦難があり、生き延びることが普通ではなかったわけです。だから、無事に年を越せる事に喜びがあり、みんなで祝った。・・で、共に新しい年を迎えることができたのは「おめでたい」ことだから、「明けましておめでとうございます」となったのかな。

年明けに会社へ行くと・・たくさん年賀状がきていますよ。みんな印刷されたキレイなカードです。宛名も、専用ソフトを使い、登録した情報を印刷したものとわかります。しかも、その作業さえ、事務員さんか、パートさんにやらせているのが実情です。

○バレンタインデーの義理チョコなんてのは最悪の習慣ですよね。毎年、その時期がくると、女性社員達が、ため息をつきながら、「今年、どうする?」と話し合い、1人数百円を出し合い、男性社員の数だけ買ってくる・・男性社員は、そのような状況を知っているし、もらえばお礼をいう・・お返しもするのかな。・・アホくさ。

○営業マンを長くやってきましたので、形骸化した行事や行為も、それをしないリスクを避ける意味で実行してきましたが・・これからは、多少、人脈が減っても、正直に生きようかな・・と思っています。形骸化したやりとりをしなくても、失礼・無礼・・にならない人とだけ付き合うほうがストレスが無くて良いです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.