ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
年末のご挨拶 2015
今年も最後までお付き合い頂きありがとうございました。皆様から頂いたメールはとても励みになりました。心から感謝します。良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。
雑談93
○プライドって、自分の位置を固定する側面があるんですよ。たとえば、仕事でも容姿でも何でも・・全体の中で自分の地位を決める・・俺はだいたいこの位の地位・・これより下は俺より下・・で、上を羨み、下を見下す・・

・・で、「こんなレベルの低い者とは付き合えない」とか、「この程度の事は俺がやるべき事ではない」とか、「こんな奴に下手にでる必要はない」とか、「頭を下げるのは屈辱」とか、「舐められてる」・・なんて思いが行動に影響します。

○年齢に固執する者も多いです。学生の部活みたいに、年上の先輩に従い、年下の後輩を指導する・・その感覚で社会人生活ができるのは20代までです。やがて、年下の上司とか現れるし、取引先の社長も年下が増えます。最近、取引先の賃貸業者をネットで調べたのですが・・

その賃貸業者のウェブサイトのスタッフ一覧ページを見て愕然としました。思わず、「ガキばっかり・・」と呟いてしまいました。業界の隠語でいえば、上から下まで【賃貸小僧】で構成されたメンバーでした。私も20代で支店長になった過去がありますが、当時の私も周囲からは、【生意気な小僧】としか見えなかったと思います。

自分が40代、50代になった時、社内でも社外でも年下のほうが多くなります。その状況で年下を見下す態度なら、取引先とも円滑な関係は築けないし、組織からも排除されるでしょう。中高年にとって、年下の者達との付き合い方は重要なテーマです。ま、ご用心。
雑談92
○最近は残置物の募集記事を書いていませんでしたが、書かなくても定期的にお誘いをいただいております。実際に現場でお会いした人は、50人連続で男性でしたが、ここ最近は2回連続で女性でした。もしかしたら・・確変に入ったのかもしれません。(笑)毎回は書きませんが、随時募集中です。

最近は高齢者の残置物にシフトしています。 昭和のガラクタや古い雑貨等です。ちなみに、所有者さんがまだ住んでいる状態の現場は辞退しております。所有者さんの手元にあるものは【不用品】であっても、【残置物】ではありません。所有者さんの退去後、残していった品で、所有権放棄の品が【所有権放棄の残置物】です。

『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるよ!不動歩さんの欲しい物があれば無料で持ち帰っていいよ!』とお考えでしたら、ご連絡ください。欲しい物だけで恐縮ですが無料で引き取ります。年内は30日まで対応します。

残置物はありませんか?

雑談91
○中高年は体力も気力も劣ります。それって普通だし、そうならなければ大変なことになります。若い人がおっさんに対して、「まったく、使えないな・・」とか、「動きが鈍い」等の批判を耳にしますが、では・・おっさん達の気力・体力が絶好調だったらどうなるか?・・

経験と知識が豊富な中高年が絶好調で働き続けるなら、新人不要で未熟で生意気な若者の雇用は激減します。中高年の老化により、若い世代との交代がなされるわけです。若者が敵視すべきは、いつまでも引退しない絶好調の中高年であり、疲れたおっさんは若者に利益をもたらす存在なわけです。

○人は住宅ローンを組む時、ある程度の覚悟をするはずです。たとえば、もしも、会社を辞めても、必ずや再就職して頑張る・・アルバイトのかけもちをしてでも頑張る・・自分の置かれた状況が変わっても、自分自身は変わらないから頑張ることができる・・てかんじかな。しかし、自分自身が変わらないわけありません。

若い頃は追い込まれても跳ね返す気力があります。しかし、年をとると、「・・だめだ」「・・無理」「・・無駄」と思うようになります。もしも気力の低下が無いなら、競売や任売の件数は半分以下になると思いますよ。

「俺は自分自身の誓いは守る」と言いきる人もいますが、その答えは自宅にありますよ。既婚者なら、「死ぬまで愛し続ける」と誓った相手が自宅で待っているはずです。帰宅して・・そんな気分がまだ残っているなら、たいしたものです。(笑) ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.