ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
違和感
○古くから知り合いの仲間と久しぶりに話をしました。私と同年代の中年の不動産営業マンですが、営業力には自信があり、いわゆる「営業では誰にも負けない」と自慢するタイプです。ちなみに、営業手法は強引で、コンプライアンスとは無縁の者でした。

・・で、「最近の若い営業マンは客の言うことに振り回されてばかりでダメだね。」と言ってました。ま、軽い世間話で相手の意見を否定するような事はしないので、そのまま聞き流しましたが、「なるほど」とは思いました。ようするに何が正しいか?の基準とスタンスで、考え方が決まるって事かな。

「営業マンは売るのが仕事。自分が主導権を握り、自分の思う方向へ導く事が正しく、売れば勝ち」という考え方なわけです。・・しかし、私には何か違和感があるんですよ。ずいぶん昔に同じ違和感を経験した事があります。

昔の話ですが・・【モラル】 【マナー】 【ルール】の3つとも欠如したトップセールスがいました。ちなみに当人は自分が最も優れていると自己評価していたとは思います。やはり、自信家で、「営業では負けない」という雰囲気はありました。「営業は売るのが仕事」ですが、売り方には節度があると思うんですよ。

顧客がローンの審査で否決されたケースで・・別の金融機関に打診するのは普通の事です。デキル営業マンは、ローン審査の甘い金融機関を探して上手に契約するものです。しかし、最初の金融機関で断られたのなら、断わられる理由が存在したわけで、その理由は、返済を滞る可能性が高いことです。

無理して、ローンの甘い金融機関で借りさせても、金利が高くてお客が苦しむ事になります。簡単に言えば、「買ってはいけない人」なわけです。・・であれば、お客にとっても借りないほうが良いわけで、買わないほうが良いという結論に至ります。

・・でも、会社は「売れたら勝ち」のスタンスです。売った者はたくさん稼ぎ贅沢ができます。売れない営業マンは稼げないし、その結果、自分の家族にも惨めな思いをさせる事になります。キレイゴトでは生活が成り立たないわけです。

・・では、家族を食わすためなら強引に売ってもいいのか?生きるためなら許されるのか?・・難しい問題です。「誰にも負けない」という者は、「お客様のため」と言いつつ、手段を選ばず「売れたら勝ち」の行動をとる事が多いです。そんな場面を見る度に、(営業力とは・・違う気がする)・・と思います。

ま、確実にいえる事は、私は営業マンとしての適性に大きな問題があるって事かな。(笑) 営業の世界では、私の考え方や私のスタンスは間違っているし、見習うべきではありません。人として正しい事と、営業として正しい事は同じではないのです。営業は売るのが仕事・・売れば勝ちです。・・その考えに違和感はあるけどね。
最近、思うこと
○毎日、忙しく動いていますが、繁忙期の実感はありません。自分が生きるためにアレコレと努力して動いているだけです。

○フルコミの営業方法はいろいろあります。広告等による集客や来店客の対応等の一般的な営業スタイルなら、そこそこは稼げると思います。しかし、フルコミの大半は、会社側の広告費負担は無しで、固定給の無いフルコミが自己負担で広告をするのもキツイので、自分の人脈を駆使して案件を探すスタイルになります。

しかし、不動産を探している人や不動産を売りたい人を自分自身だけのチカラで探すのは簡単ではありません。普通は・・お客さんは、ネットで物件を探したり、不動産屋へ売却依頼に行きますよ。フルコミ営業が自分で案件を探せる確率は低いので、フルコミにチャレンジしても短期間で消えていく者が多いです。

○フルコミを採用する会社は増えつつありますが、その理由が「会社の経費負担ゼロ(なし)で、おいしい話を持ち込んで欲しい」という他力本願的な願望なら成功確率は低いでしょう。フルコミを使うコツがあるとすれば、言葉は悪いですが、「生かさず殺さず」です。

フルコミなので、固定給で「生かす」必要はありませんが、広告宣伝や来店客対応等の協力をしてフルコミの自滅を防止する必要はあると思います。ま、それが「殺さず」ですよ。せっかくフルコミが入っても、すぐ辞めてしまうならお互いが時間の無駄です。

○私のように副業をするようになると、時間の配分が必要になり、不動産の仕事で動く時間が減ります。ま、私の場合は年齢の問題もあります。今後、死ななければ50代、60代と生きるわけで、あてになる収入源の確保が必要です。

○不動産業界で30年くらい生きてきたましたが、今まで複数の仲間が自殺しました。皆さん、40代か50代でしたが、その度に、「バカな奴だ・・」とか、「なんで・・」とか思いましたが、最近、なんとなくですが、その気持ちが分ります。

日本人の多くが・・いや、ほとんどが、固定給制度が前提で生活しているのです。毎月、決まった収入が振り込まれる・・毎年、昇給する・・同時進行で、結婚や子育て、子供の進学・・生活コストも上がる・・。しかし、不動産営業は安定とは無縁で転職も多いし、退職金もない・・

良い時は良いけど・・悪い時は最悪・・30代までは、「俺は凄い!」と思えても、中高年になり現実の厳しさ知る頃には・・収入は下がり、生活コストはマックスです。「子供が野球をやっていて金がかかり過ぎる・・」が口癖の仲間がいましたが、精神的にかなり病んでいました。生きているのかな・・。ま、皆さんもご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.