ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
平和な日々
○フルコミなので会社には顔を出していますが・・平和です。外は青い空・・すっかり春の陽気で・・何事もない平和な日々・・問題は、何事もない事・・何もない理由は・・待っていてもお客は来ないし、広告宣伝等は何もしていないからかな。

○フルコミは自分でネタを探してきて、自分だけで成約して、高額の歩合をもらう・・ってイメージがありますが、保険屋のオバちゃんみたいに、友人・知人・親戚まで強引に食いつくすわけにもいかないし、義理とか付き合いで契約がもらえる商売ではありません。

人脈を駆使して、知人等の紹介案件だけで一時的に食えても、いずれネタ切れになります。来店もしくは広告反響で新規顧客を得ないと自滅します。

フルコミ営業を希望する者は、歩合率の高い会社を探すものですが、歩合率は高いほど会社側の支援は無い傾向です。「自分でお客を探して来い!」ってスタイルです。歩合率が高くて自由出勤で気楽でも・・自滅するパターンです。

歩合率が低くとも会社に集客力があり、支援、サポートが万全なほうが長く稼げると思います。多くのものを失って得た教訓です。これからフルコミを目指す人は、ご用心。
無題
○このブログも10年経過しております。・・という事は、ブログを始めた頃は・・現在より10歳も若かったわけで、行動力も、感性も、若さも、立場も、現在とは違います。わかりやすく言えば、10年前は元気で前向き・・10年後は元気もなく、ネガティブ・・かもね。(笑)

ただ一ついえる事は、嘘は書かなかった事かな。ブログって、書こうと思えば何でも書けるんですよ。ダメ営業でも、「自分はトップセールスだ!」・・と書く事もできるるし、契約もないのに、「契約で忙しい!」・・と書く事もできますが、書いた事ありません。

よくありがちな「誰にも負けない」と誇れる専門性もとくに無いしね。長年やってりゃ、誰でもそれなりの知識や経験は得られるわけで、経験相応の能力しかありませんよ。

あ、自慢話をかいた事ありましたね。思い出しました。ビールの王冠(フタ)を指で千切る話。今でもできますよ。親指と人差し指で二つに折るのは1秒、二つに千切るのは5秒で、4つに千切るのはプラス10秒かな。1円にもならないし、なんの役にも立たない無意味な行為ですけどね。(笑)
弱と税と善
○自然災害の発生直後に行われるのは救助活動ですが、その後に行われるのは復興・・そして増税です。復興税とかその他の各種税金の増税・・ちなみに前回の震災についての復興特別所得税は2037年まで課税されます。

「私達に何ができるか?」みたいなコメントをネットで見かけますが、何かできても、何もできなくても、お金は取られますよ。収入のある人は例外なく、長期にわたり、増税という手法で強制的に支払う事となります。

義援金等を払った「無職」、もしくは「低所得者」より・・義援金を払っていない「普通程度の所得者」や「高額所得者」のほうが、復興にお金(税金)を払っているし、今後も払い続けるわけですね。 中には、それらの税金を払いながら経済的な理由で、倒産・破産・自殺する人もいるはずです。

国が支給するお金は国民から強制徴収した税金だという認識を、徴収された側も、そのお金を支給される人達も認識してほしいものです。困ったら国に助けてもらうのが当然なのかもしれませんが、弱者が最強すぎる時代で、ネット上では不謹慎狩りが横行し、謹慎・謹厳の同調圧力がキツイ今日この頃、そんなことを思います。

○被災地への義援金といえば・・前回の震災で有名芸能事務所が義援金で集めた億単位のお金を、パンダのレンタル料として使うと発表して大騒ぎになり、その結果・・パンダ誘致に義援金は使わない事になりましたっけね。義援金と聞くと、その事を思い出します。

○ネット上では、被災地への「千羽鶴と寄せ書き」ネタを目にします。相手を「助けてあげたい」のか?・・「助けてあげたいという自分の美しい気持ちの表現が大事」なのか?・・って事かな。役に立たない物を送って悦に入る行為は、何もしないより「善」なのか・・考えさせられますね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.