ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
3つのこと
○人生における重要なポイントは、「就職・結婚・家」の選択です。大昔は一つの仕事を生涯に渡り続けるのが常識で、結婚も一度が常識・・家は一生に一度の買物・・今はやり直しが可能な世の中ですが、重要である事は同じです。

そもそも、学生が卒業までに将来の仕事を決定するとか・・そんなの無理に決まってますよ。世の中の事をほとんど知らないわけで、当然の流れで間違います。選択を間違って当然と断言できます。そのような状況で選択した仕事を一生続けるなんて確率的に無理と言えます。

○結婚も同じですよ。20代や30代で相手を決めて・・その後、50~60年間、共に暮らすのは難易度が高いと言えます。若い時に結婚して、その後は冷めた関係だけど、社会的な責任に縛られて、消化試合のように諦めて死ぬまで一緒に過ごす制度や常識・・100年後に存在するとは思えません。しかし、今の時代の人は現状の制度を受け入れるしかありません。

○家は一生に一度の買物・・ではなくて、今は買い替え可の時代・・と言いますが、家は住宅ローンの問題があります。買い替える時期も審査をクリアできるのか?年齢を重ねるほどローンの審査は厳しくなります。ローンを払い終えた頃は死ぬ頃だしね。失敗してやり直せるとは限りません。

○不動産営業マンで、「不動産営業なんか、なって失敗した・・」という者も多いし、結婚で失敗したバツイチやバツ2も多いし、勢いで家を買い、ローンが払えず家を手放す者もします。手放したら2度と買えませんよ。

転職の多い不動産営業マンは、住宅ローンの審査に通る時期は限られています。良い時期を過ぎて、中高年になり、フルコミにでもなったら審査は完全にアウト。ま、激安ボロ家とか老朽化した数百万のマンションなら現金で買うチャンスは残されていますが。

仕事と結婚と家の購入の3つ全てで失敗する者もいますが、それは、その3つが連動しているからです。仕事が上手くいかず、稼げなければ夫婦仲も悪くなり、その結果、離婚すれば家を手放す・・という悪循環です。ま、ご用心。
現実
○アパートのオーナーは裕福なイメージですが、そうでないオーナーさんも少なくはありません。中には、崖っぷちの人もいますよ。その崖から落ちることが確定の人もいます。

スタートの時点で問題があった人もいます。ローンを借りてアパートを新築・・それとは別に自宅もローンで新築・・これでダブルローン・・自宅のローンまで賃料収入でどうにかしようと思い・・空き部屋が発生する度に大騒ぎです。

支払いは満室でなんとかクリアしているケースでは、たとえ満室でも滞納があると大変です。そんなアパートに限って、滞納が多く、家賃保証なんか最初から利用していないので、不動産屋(管理会社)に「早く集金してくれ!」と催促の嵐・・

ちなみに・・金に困った賃貸オーナーは滞納者に対して「出ていけ!」とは言えません。退去されたら1部屋が空室になり・・次の入居までどれくらいの月日がかかるか不安なわけです。

空室が発生してもリフォーム費用さえ無く、オーナー自らホームセンターで材料を買って下手くそなリフォームをしたりします。もちろん、そんな物件を借りる酔狂な人はおらず、空室期間が長期化します。そして、ローン滞納となり、適当な時期に差押となり、競売開始が確定します。共担の自宅もね。ま、ご用心。
○小さい頃、ソロバン塾に通っていましたので、カンタンな暗算はできたりします。・・でも、それが就職や転職に有利になる事はありません。理由は言うまでもなく・・電卓があるからです。(笑)その電卓は買わなくとも、PCや携帯に入っている時代です。

今は百科事典も無用ですね。ま、もっていたとしても、調べたいことを辞典の目次から探すより、ネットでキーワード検索したほうが速いです。数秒~数十秒あれば目的の情報を得られます。

そんな時代に・・学歴で評価されたり、学歴で安定を得られるでしょうか?18歳~22歳時点の知識や知能の証明ではありますが、その知識の有無は固定化されません。その後・・得た知識を忘れる事もあるし、無い知識を得る事もあります。

ようするに、どんな事でも数秒でカンタンに無料で調べる事ができる時代に・・「調べなくても知ってる人」に金を払う価値があるのか?また、学歴(18歳~22歳時点の知識や知能の証明)により、定年までの雇用と退職金を保障する価値があるのか?

企業は有能な人材を求めている・・というのが昔からの定説ですが、今、企業には有能な機械があります。どんなに計算が得意の人間よりも優秀な計算機と、どんなに知識がある人間よりも知識を表示できるネットとPCがあり、大半の事はできます。コストは人間様の10分の1以下だと思います。

購入費は発生しても、人間様のように「月給・賞与・福利厚生・退職金」は発生しません。労働基準法や人権で悩む必要はありません。人間様ってのは、本当に金がかかるし、下手な使い方をすれば会社は訴えられるし、悪さもするし、裏切るし、やっかいです。

ま、一般人の学歴に対する評価なんかどうでもよくて、雇用する側が賃金や報酬で評価するか?しないか?・・ですよ。だから、空想でもいいから、自分が社長の立場で・・機械に金を払うか?人に金を払うか?高学歴に高い報酬を払うか?・・を考えれば、未来がみえてきますよ。たぶんね。

○大手系仲介会社の投函チラシを見て、思うのですが・・内容は・・この20年以上、まったく進化していません。なぜ?そんな長い間、進化していないか?・・それを黙認している高学歴な幹部達・・あまり能力は高くない証拠ですね。社長さんは親会社からの天下りで2年か3年、時間潰しをしているだけの腰掛けだしね。・・やっぱり、仕事って、能力の有無ではなく、ヤル気が大事なのかな。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.