ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
たまにある話
〇不動産仲介は売主と買主をマッチングして契約する仕事ですが、それは、「売りたい人」と「買いたい人」なわけです。しかし・・たまに、「売る予定のない人」に売らせる依頼があるんですよ。「あの角地が欲しい。所有者を調べて交渉してほしい。」とかね。

ま、それが購入希望者からの依頼ならまだマシかな。ひどいケースだと、「私の取引先が、あの土地を欲しいと言っている。調べて交渉して欲しい。」なんてケースもあります。「いくらで?いつまでに?どんな条件で?」・・て内容はすべて不明・・それで引き受けるバカはいないとは思いますが、そんな依頼もあるのです。

こんなケースもあります。住宅地図に黒いマジックで5箇所くらいマルで囲んで、「この印をした土地で買えるなら買いたいと言っている人がいる。調べて動いてほしい。」(値段不明・条件不明・本気度/不明)・・

そんな状態で、物件の所有者を調査して、所有者と面談して、「それでは、いくらで買いたいのですか?」と逆に聞かれて、「それはわかりません。では、依頼人の紹介者に聞いてもらいますね。」・・て答えたら、バカです。(笑)

〇個人情報保護の問題もあります。まずは購入希望者本人と面談し、購入希望者の個人情報(氏名・住所・用途・希望条件等)を聞き、それを先方に伝える事の承諾をとり、土地所有者に対しても同様、土地所有者の個人情報を、購入希望者に伝えてよいかの確認(承諾)が必要と思います。

〇不動産仲介は成功報酬です。既に物件化しているものを紹介しても成約確率は低いのに、それより確率の低い仕事をするのは、「タダ働き」のリスクがあります。少ない可能性でも一生懸命に頑張るスタンスはカッコいいですが、【時間・労力・経費】が無駄になった場合、「利益0円」ではなく、「マイナス」です。

それを笑って許してくれる不動産会社ばかりではないはずです。ご用心。
ハガキ無用
〇そろそろ言っとかないといけないかな。年賀「ハガキ」とか送らないでください。メールならOKですが、わざわざお金を使ってハガキを出していただくのも恐縮ですし、印刷した「謹賀新年」とか、「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」とか、本当に無意味です。

重要な取引先ならビジネスの慣習や形式的な意味はありますが、私に対して形式的な挨拶を出す意味など無いはずです。用があればメールでOKです。
ググれ
〇業界の新人から相談メールをいただく事が多いですが、その新人君の職場の状況について書いてある事も多く、「上司が教えてくれない」とか、「上司も知識がない」・・ってケースが多いです。(そんな環境じゃ苦労するだろうな・・)と同情しますが、それでも、昔の新人よりは現在の新人のほうが恵まれている事もありますよ。

今はネットで調べる事ができるでしょ?法律でも実務でも、徹底的に検索すれば、疑問の9割は解決すると思います。私が新人の頃(昭和)は、ポケベルの時代です。知らない事を自力で調べる方法って・・専門書だけでした。今の時代の人にとっては、かなりの苦行ですよ。(笑)

それゆえに、専門知識のある宅建主任者(当時)は現在より地位が高く、社内の宅建主任者を「先生」と呼ぶ業者があったくらいです。(笑) 主任者の資格手当も月3万円~5万円が相場でした。1回の重要事項説明に5万円の手当を出す会社もありましたよ。(バブル時代)

話を戻しますが、今はお客の立場でも不動産の知識をネットで得る事ができます。仲介営業マンなら新人でも、お客より詳しくなければいけません。わからない事は徹底的に調べる事です。今風にいえば、「ググれ!」って事です。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.