ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
バカ
〇昔の話ですが・・当時に勤務していた会社内でね、営業マンが集まり、煙草を吸いながら世間話をしていたんです。よくある煙草休憩です。5分程度の時間だし、べつに仲の良い友人てわけでもないので、当たり障りない、どーでもいい話をするのが常です。

「ウチの嫁さん、最近、怒りっぽくてさ・・」とか、奥さんの話をする確率は高く、「ウチなんか夕飯はレンジでチンだよ!ははは。」とか、愚痴というか、謙遜したり、笑い話にするのが一般的です。しかし、その日は・・その場にいた時に営業マンが・・

「ウチの奥さんは料理が上手いんですよ。」・・と言い出したのです。みんなは、「へぇー、羨ましいねー」と言い、数秒の沈黙・・沈黙の後、誰かが、「さぁて、仕事すっか・・」と言い、それぞれが煙草を消してデスクに戻りました。ま、それだけの話です。

それだけの話なんですが・・深く掘り下げるとね・・その数秒の沈黙は、場がシラケた事による効果であり、それと同時に、妻を自慢した営業マンが全員から、「バカ」と認定された瞬間でもあるわけです。(笑)

誰だってね、自分の奥さんを悪く言っても、本心ではないのです。また、それぞれにプライドもあるし、それぞれの奥さんに自慢できる事もたくさんあるはずです。でも、場の雰囲気に合わせて軽い話をしてるだけですよ。

「君の奥さん、美人だってね!」と言われたら、普通は、「いやいや、そんな事ないっすよ!」みたいな対応ですよね。(笑)・・でも、場の雰囲気が読めないバカは、「私の妻は、けっこう美人で・・」とか言い出して周囲を困せます。

・・で、周囲は、(こいつ、アホだな・・恥ずかしい奴・・)と思います。しかし、当人は、それに気がつかない・・気がつかないどころか、優越感に浸るわけですからバカ確定ですが、バカの烙印だけでは済みません。

営業マンは、自分の話し相手が、自分の発言により、どんな気持ちになるか?・・それを推測し、自分に有利な方向へ導くのが仕事です。自分だけが気分よくなる話をして、それにより相手が何を思うか?・・がわからないと、相手の機嫌を損ねる確率が高くなります。そんな奴は営業に不向きって事です。ご用心。
復活
〇とりあえず、杖なしの2足歩行に戻りました。(笑) バイクは既に運転してるし、会社も行ってます。フルコミだけど。(笑) そんなわけで、まだ足に痺れはありますが日常生活に支障はありません。

これで、いろいろなお誘いに対応できますよ。「今晩、お暇かしら?ウフフ」・・とかね。(笑) ・・ま、ありえないけど、想像するのは自由だから。(笑)
正義の味方
〇事故物件の扱いや評価って・・よくよく考えると不思議ですよ。物件で考えるから何も感じないだけで、人と比較すれば、その理不尽さに気がつきます。

たとえば・・犯罪者と知らず雇用したり、付き合ったり、結婚したり、被害を未然に防ぐために、民間人による【犯歴検索サイト】が誕生して、氏名と生年月日で過去の犯歴が誰でもカンタン検索できたら?そのサイトは正義の味方かな?ま、なるわけないけどね。人は人権に守られているから。

しかし、人が所有する【物件】には、そのような権利は認められていません。善意無過失で何も悪くない賃貸オーナーさんの所有するアパートで・・不運にも孤独死や不審死があったとします。

それをネットで書き込みする者や、それを収集した専門サイトがあり、その事実は公になります。「消費者のために!不動産屋に騙されないために!」という大義名分で、まるで【正義の味方】のように堂々と賃貸オーナーを追い込むわけです。

人間って普通・・病院か自宅で死ぬんですよ。・・で、自宅で死んだら事故物件?・・だったら、大半の家が事故物件ですよ。それに、「もしも死ぬ場所を選べるなら、何処がいいですか?」というアンケートを実施したら・・大半の人が、「自宅」というのでは?

で、自宅で亡くなり、家族が看取ればセーフだけど、独りの時間に死んだら?・・一人暮らしで発見が翌日ならセーフ?・・7日後だったら事故物件?・・それとも10日後だったら事故物件?物件価値は半値以下???

殺人や自殺ならまだしも・・そのレベルの情報まで無断で無関係者に公開して、賃借人の親族、連帯保証人、物件所有者等を風評被害で破産や自殺の道に追い込む【正義の味方】って・・なんか、すごいよね。(笑) 正義の解釈も無限に広がるって事かな。

ま、自分が正しいって考えの者は多いし、結論が先にあり、その理由づけで議論しても不毛です。違法でなければ何やってもいい世界ですが、怖いもの見たさの野次馬相手の商売で、対外的に正義の立場をとられると・・少なからず違和感がありますね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.