ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ざつだん
〇たとえば人生の残り時間・・死ぬまでの期間は長くても、寝ている時間や仕事をしている時間等を除くと・・自由になる時間は思ったより少ないと思います。

今はSNS等で【人と繋がる】のが普通みたいですが、薄い関係の知人に消費する時間・労力・・無駄ですよ。知人の総数を減らしたほうが、自分自身の負担は軽くなり、自分の時間は増え、大切な人と中身の濃いお付き合いができるのでは?

〇不動産仲介業者の名刺・・たくさん溜まっても、大半はゴミ。3年もすれば7割はゴミ。(担当者の退職で) 業界で知り合い、個人的に末永く付き合える相手など10人いれば多いほうかもね。(笑) 

私は1月にケータイが壊れて、登録していた電話番号等の情報が完全に消えました。(笑) 電話番号しかわからない関係の人・・数百人はいましたが、終わりましたね。(笑) コチラから連絡する可能性は無いです。

〇ぜんぜん関係ない話ですが・・スラックスとかメンズパンツ等の裾上げ用接着テープって、すぐ剥がれてしまいます。アイロンのかけ方が悪いのかな。・・で、100円ショップで裾上げ用ボンド(接着剤)を購入して使ってみました。凄いね。アイロン不要だし、強力だし。ジーンズの裾上げもラクラクです。1人で生きていく自信がつきましたよ。(笑)
物確
〇ある賃貸仲介会社のCMをテレビで見たんですが・・最初から最後の瞬間までムカつきました。終始ムカつき、不愉快・・見終わった後もしばらくはイラついている状態・・ある意味、凄いCMです。

そもそも物確について私と見解の相違があり、受け入れられない気持ちになるし、女優の元気さにもイラつきます。最後の決めのポーズでイラつきはMAXに達します。(笑) その会社自体が嫌いになり、取引すら絶対に避けたい心境です。

私も老いたのかな。先々はキレやすい高齢者になりそうな予感がしますよ。(笑)
条件
〇不動産仲介の新人営業マン向けの話なんですが、いわゆる不動産の物理的価値と売買価格って同じではないんですよ。考え方としては、不動産の物理的価値に【売買条件】をプラス、もしくはマイナスした金額が売買価格です。

たとえば、まったく同じ立地で隣同士の売地・・面積も地形も地域性も同じ・・それでも、売主が違えば提示する条件に違いが発生します。片方は、売主が確定測量(約50万円)を行い、もう片方は現況優先で、買主が測量費用を負担・・

約50万円の差は、土地の安い地域では負担割合が大きく、500万円の土地なら1割です。他に古家の解体(たとえば150万円)が必要な物件であれば、売主による更地渡しなのか?現況渡しで買主が負担するのか?

約50万円の測量費用と約150万円の解体費用の両方を売主が負担するケースと買主が負担するケースでは200万円も違います。500万円の土地なら4割に相当する金額ですよ。購入者の立場なら、それらの費用を計算したうえで、差し引いた金額で交渉すべきです。

なんでこんな話を書くか?というとね・・・いわゆる買い付け証明(購入申し込)で、『満額で買います!』と買付証明書を送ってきた業者で・・内容を見ると、売主側の負担でアレやれコレやれ!と、好き放題書いてあったケースがあります。

ま、条件は問題ないんですよ。だって、満額で値引き相当の経費負担を売主にさせても、値引きして、値引き分で買主が費用を負担しても、実質的には同じだから。手数料は満額の方が高いけどね。(笑)

気にいらないのは『満額の買い付け』を主張されること。 『満額だから文句はないだろ!』みたいな相手の立ち位置・・なんかムカつく。『実質的な大幅値引きが条件じゃねーか!ゴラァ!』という気分になります。

意味はわかるけど、なんか騙されたような気分・・契約を前に進める気は失せますよ。何か理由をつけて断りたい心境になります。(笑) 契約金額が高くても契約条件が厳しければ売主にとって大幅値引きって話でした。じゃねー

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.