ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
たまにある話
〇更新していなくてもメールは着ます。ま、ありがたい事です。全員男ですが。(笑) メールがくると更新意欲が復活します。とは言っても、毎日同じような日々なので書くネタも尽きてるってかんじです。

〇賃貸業務のネタですが、家賃保証を使わない場合の立ち退きで苦労するケースが多く、その度に、「入居時に部屋の立ち入りや立ち退き、残置物の廃棄等について合意書を書かせておけば良かった・・」て思います。

ま、厳しすぎる内容となれば、何らかの法に触れる可能性もありますが、急に連絡が取れなくなれば部屋で死んでる可能性もあるし、夜逃げされたのに、ズーッと気がつかなければマヌケです。

〇前に書いた「賃借人がパクられた話」の続きですが・・担当者が面会に行ってもノラリクラリで、その場で同意した残置物の廃棄に関する合意書も受け取ったまま・・手紙を書いて催促しても無視・・どうにもならないみたいです。

その賃借人の気持ちを推測すると・・荷物は捨てられたくない・・出所するまで何年でも保管してほしい・・保管料なんか無い・・溜まった家賃も払えないし、払うつもりもない・・てかんじでしょう。(笑)

不動産屋が賃借人の同意なく荷物を廃棄して問題になったケースは多く、相手がヤクザで数百万の損害賠償を請求されたケースもあります。勝手に捨てるわけにもいきません。

それなりの管理件数がある不動産屋は倉庫を借りてます。夜逃げ等の残置物置き場としてですが、捨てるタイミングが難しく、増え続ける一方・・てのが現実です。・・やっぱ、入居時に一筆書かせるしかないね。(笑) ま、ご用心。
現実プラス・・
〇高齢化社会のせいだとは思いますが・・アタマのアレな人が急増している実感があります。逆ギレ老人は多く、些細なクレームでも激高して大騒ぎとなり、不動産仲介業者や管理業者の疲れも倍増(笑)します。

とくに、貧困層相手の不動産仲介をしている業者は同意見では?賃貸のクレームには、【現実的要因のみ】 【現実的要因+精神的要因】 【精神的要因のみ】の3つに分類することができます。

たとえば、騒音のクレームは音が発生していれば現実ですが、幻聴なら精神的要因・・「夜中に玄関を叩く人がいる」となれば・・本当にそうなら現実・・幻覚や幻聴なら精神的要因のみ・・

「外に誰かがいる」は、外に誰かいれば現実ですが、「外に不審者がいて、命を狙われている」・・となれば、外に人がいる事については現実で、外の人を不審者扱いする判断や「命を狙われている」・・と思うのは、おそらく精神的要因です。

薬物中毒者は、外で物音がすると、「警察かも・・」と思うでしょう。物音は現実で、「警察かも・・」は、精神的要因ですね。それも現実なら逮捕ですが。(笑) 逮捕される方には、その前に家賃の支払いだけはお願いしたいものですね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.