ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
孤独な者達へ
古いアパートに住む高齢者の中には、単身者もいれば、夫婦もいますが・・夫婦ではない内縁関係・・って人達も一定の割合でいます。高齢となってから出会い、男女の関係になり同居するようになった流れです。けっこう多いですよ。

知り合いのスナックのママいわく・・70歳以上の高齢者で構成される飲み仲間やゲートボール仲間の中で男女の恋愛は珍しくはなく、今の高齢者は色恋でも現役らしいです。(笑)そんな話を耳にする度にね・・60歳でも70歳でも出会いはある・・・なんというか、「希望」みたいなものを感じます。

不動産業界では離婚は珍しくはありませんが・・たとえ独りで寂しい日々が続いても、先々には素敵な人と出会えるかもしれない・・その出会いは今日かもしれないし、明日かもしれない・・10年後かもしれないけど、嘘のない誠実で思いやりのある人との出会いが待っているかも・・そう思うだけで明るく生きることができますよ。

既婚者が幸せで独身が不幸なわけではありません。信頼できない相手と義務で継続する消化試合の夫婦関係より、孤独な日々のほうが健全です。たとえ先々に素敵な出会いなどなく、結果的に孤独な末路だとしても・・

残りの人生を絶望して生きるより、先々に希望を持ち、明るく生きるほうが素敵な日々ですよ。孤独な者に必要なもの・・「希望」です。それさえあれば苦境でも明るく前向きに生きていけます。明るく前向きに生きる姿勢は・・魅力的で、人を惹きつけるでしょう。

今日一日を明るく生きる・・明日も明るく生きる・・その先に、幸せがあると信じよう。がんばれ!
スイッチ
〇芸人2人の記者会見をネットで見ました。今後も動きがありそうですね。私は芸能人のパワハラ告発(クーデター)に興味がありませんが、一つだけ気になったことがあります。問題の解決方法を模索する中で・・弁護士を介入させた事です。多くの場合、弁護士を介入させた瞬間、双方ともに相手への信頼関係は消滅します。

お互いで話し合いをしているうちは、心の中に信頼関係は存在しても・・弁護士が介入した時点で「宣戦布告」となり、相手は「敵」となります。その後、弁護士を解任して、お互い直接の話し合いになっても信頼関係の回復は困難です。復帰してもしなくても信頼関係は壊れたままです。

〇たとえば、ストーカー等の殺人事件の大半が・・警察に相談へ行ったり、警察が介入して注意や警告をした後に起こっていますよね。警察が介入した瞬間に、「好きな相手」から「殺したい相手」に変わったわけです。

警察や弁護士の介入・・法的な警告や要求・・それが当然の権利ではあっても、それを行使する際には、相手から受ける攻撃のリスクも覚悟しなければなりません。警察は警察の仕事をするし、弁護士は弁護士の仕事をしますが・・

24時間、守ってくれるわけではありません。ま、要塞のような家に住み、多くの警備員やボディガードに24時間、守られている立場の人なら気にすることはないですが、そんな人は1万人に1人もいませんよ。

〇一家惨殺事件・・たまにありますよね。たとえば、父が・・愛していたはずの家族全員を惨殺した・・みたいな事件・・どこかで変化したんですよ。「愛する・・」から、「みんな殺してやる!」にね。

たしか・・どこかの地方で、若い旦那が離婚を求められ・・妻子との別れは精神的にクリアしたけど・・「クルマを置いて出ていって!」と言われ・・クルマ好きだったのか?そこで切れて・・自分の家族皆殺し・・て事件があったと記憶しています。

〇もしかしたら、誰にで「狂気のスイッチ」があるのかもね。そのスイッチがONになった時・・家族でも子供でも関係なく、関係者すべてを「自分を追い込んだ集団」と認知して行動するのかもね。

〇不動産関係の仕事で、相手の「狂気のスイッチ」を入れてしまうケースは・・家賃の催促・・立ち退き・・明け渡し・・等かな。相手の大切なものを奪う行為・・お金・・家・・追い詰められた相手は自暴自棄となり、狂気のスイッチが「ON」になる可能性があります。たとえ賃貸でも「我が家」です。奪われる感覚になるでしょう。

〇相手から何かを引き出そうとする・・何かを得ようとする・・何かを請求する・・相手を追い詰めた結果・・逆に自分が被害者になるケースも少なくはないので、相手の「狂気のスイッチ」を入れてしまう可能性について慎重に考える必要がありますよ。

殺人事件で殺された人は・・なぜ逃げなったのか?・・それは、相手が自分を殺すとは思っていなかったからでは?・・おそらくは、自分の行動が相手の「狂気のスイッチ」を「ON」にしてしまった事にも気がついていなかったのだと思いますよ。

正当性だけ考えて行動するのはリスクがあります。そもそもみんな自分が正当で相手に非があると考えます。「自分が正しい」という主張は相手を激高させ、議論をしても解決せず、攻撃行動による制圧で解決・・という流れは世界の歴史が証明しています。

国の戦争でも個人の争いでも、なにかのキッカケで、狂気のスイッチがONになった瞬間があるのでは?・・なんてね。あまり人を怒らせない事です。自分が正しくてもね。ご用心。
タイムカプセル
〇大手系不動産仲介会社では、契約および決済を終えた際、関係書類を1つの封筒へ入れた後、会社が保管します。契約書や重説・付帯設備表・現況確認書・取引完了の確認書類や、登記事項証明・公図・測量図等です。その封筒の表には、売主名・買主名・物件名・価格・日付等を記入する決まりです。

それらの書類を入れた封筒は、その後・・なにもなければ開封されることはありません。しかし・・なにか?たとえば取引関係者からの問い合わせやトラブル等があった際に、当時の契約内容を確認するために必要となれば、その封筒から中の書類が出され、誰かが見ます。

誰が見るか?・・まずは社員ですが、契約担当者とは限りません。よほど温い会社でない限り、契約担当者(営業マン)なんか3年もすれば退社しています。(笑) 5年で支店長から事務員まで、支店の全員が入れ替わっているケースもあるくらいです。(笑)

ですから、取引完了後・・数年してから、取引関係者から取引について問い合わせがあった場合、対応するのは、その店を引き継いだ責任者です。店長とか所長とかね。

多くの場合、当時の担当者不在(退社後)の対応となり、現在に対応する責任者としては残された書類だけが味方です。書類が完璧でも当時の担当者がいないと、そこに付け込まれます。「あの時、担当者が言った!」とか「言わなかった!」とか・・ま、いろいろです。しかし、担当者が辞めた後では確認のしようがありません。

〇私は大手系の会社に在籍していた時・・取引の経緯経過を書いた書類をね、取引関係書類の中に残しました。契約になった経緯とか、問題点について説明した事や、相手の発言とか・・いつ?誰が?誰に?何を?どうしたか・・そんなかんじの事です。全ての取引が対象ではありません。

将来のトラブルを予感した取引・・問題のある取引・・契約書類には書けない内容の事実がある取引(取引関係者は納得しているケース)等です。(いつの日か、この紙が役立つ時がくるかも・・)と思いながら書いた書類です。

たとえば・・契約者の息子が、「先日に母が亡くなり、相続手続き中に物件の問題を知ったのですが、騙されたのでは?」・・との問い合わせに対して・・

「問題点については契約書類に記載されております。また、当時の契約担当者のメモが残っており、それらの問題について、お母様に何回も説明して、お母様も納得をされたようです。娘様も同席されたと書いてあります。その日時と場所も記録されています。」・・て対応ができるわけです。

ちなみに・・上司や本社の意向で急いで契約した取引のことも、取引の経緯で上司から指示された内容なども、自分を守るために書いてあります。ま、ご用心。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.