ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
起こりうる話
〇どうにもならない不動産を捨てたい人は多いはずです。まず、価値がないから売れない・・もらってくれる人もいない・・維持費だけはかかる・・そんなゴミ物件、自分だけ助かる方法の一つが他人に押し付ける事です。

そこで気になるのが、押し付けられた人のリスクです。まず、所有権を移転したとして、登録免許税・登記費用・・数か月後に不動産取得税・・毎年の固定資産税・都市計画税・・他に、維持管理費、草刈り代・・贈与で処理すれば贈与税もかかってしまう・・

そんな損ばかりの物件を欲しがる人はいません。それらの損(負担)プラス謝礼を払わないと、もらってくれる人はいない・・そのようなケースでは、低額の売買で、売主は受け取った売買代金に謝礼をプラスした金額を買主へ渡す方法が考えられます。

現在でもそんな物件をそんな方法で引き取る業者は探せばあると思いますが、近い将来、その類のビジネスビジネスで問題が起こり、社会問題になると思います。物語っぽく書くと・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ある日、都内の公園でホームレスの男が死んでいた・・検視の結果、死因は末期の癌であった。通常ならそれで終わりの話ですが・・数日後、そのホームレスの男は数百件の不動産を所有している事が判明した。住民票がある住所地は地方都市にある廃墟で、郵便受けには大量の固定資産税の請求書が届いていた。

不自然な点が多いため、警察が調査することに。・・その大量の不動産の中から一つの不動産を選び、登記情報から前所有者に事情を聴きに行くと、「処分に困っていた不動産を引き取ってもらった」との話で、他の不動産を調べても、それぞれの前所有者達の話はみな同じだった。

具体的には、「処分で困った不動産、お任せください」・・というコンサルティング会社のネット広告を見て問い合せ、その社長に個人で引き取りしてもらった」という話で、その引き取りをした人が、ホームレスの男だった。「説明や手続きは部下らしきスーツの男が行った」という話も共通していた。

取引例としては、引き取り手のない不動産を100万円程度で売買・・同時にゴミ処理や解体費用等の名目で売主が買主に300万円を支払う・・買主は100万円を支払うけど300万円をもらう取引・・差額200万円を得た計算になる。

引き取り後の不動産取得税や固定資産税は1円も払わず、建物の解体もせず放置・・数百件の引き取りで得た利益は数億円レベル・・会社は実在せず、所在した貸事務所の契約者を調べると・・やはりホームレスの男と判明・・数億円の行方は不明のまま。

首謀者は「部下らしきスーツの男」で、末期癌のホームレスの男を使い、「実在しないコンサルティング会社の社長」で「個人名義での引き取り人」として利用した。数億円の利益はその男が持ち去った・・とも考えられる。しかし現状では被害者がいない。不要な不動産を引き取ってもらった前所有者達はみな感謝しているからだ。

ホームレスの男は税務申告をしていなかったため、所得税法違反で被疑者死亡のまま書類送検となったが、「部下らしきスーツの男」の捜査はされず、本件は終了となった。(終)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、このままだと、そんな事件が起こると思うわけです。1人の人間が不動産を所有できる数・・とくに制限はありません。不特定多数の人と反復継続して取引を行うなら宅建業法の枠内ですが、「買うだけ」「もらうだけ」・・なら誰でもできます。 ま、ご用心
ただしいはなし
〇いわゆる心の病系の住人で定期的に問題を起こす人がいますが、たとえ注意をしても改善する事はありません。理由は、「自分は悪くない」 「自分が正しい」・・と思っているからです。

たとえ自分自身の幻聴や幻覚が原因でも、第三者による危害と訴えるし、逆に、「不動産屋さん、なんとかしてください!」と言われるケースも。(笑) 騒音をだしている本人から、「騒音がうるさい!迷惑です!」と言われるわけだから、不動産屋も困りますよ。(笑)

でも、「自分が正しい」と思っているのは心の病の人達の特徴ではなく、誰もが該当する事と思います。違いがあるとすれば、「自分が正しいと思いつつ、疑いを持てるか?」や、「自分が正しいと思っている事を隠せるか?」・・だと思います。

上司や取引先と意見が違う時、どのように対応するか?自分自身の主張を曲げずに口論するのか?・・自分の意見はとりあえず引っ込めて相手に同調するか?・・いろいろな選択肢がありますよ。

不動産屋の営業マンも社長さんも、みんな自分が正しいと思っていますよ。不動産屋の社内で意見の違いがあっても、議論は無意味です。いくら話しても分かり合う事はないです。

理解したフリ・・反省したフリ・・間違いを認めたフリ・・があるだけです。それができないと辞めるしかないです。私も40代までは意見の違いで口論になった事はありますが、最近はないです。不毛な戦いは避けます。

非常識な相手でもその非常識を指摘はしません。相手の年齢にもよりますが、ある程度の年齢なら・・その者に注意を促す者が過去に何人もいたはずです。それでも治らなかった経緯があるわけですから、現在では改善不可能なわけです。

そんな猛者を正すことなど無理です。(笑) そんな者と接する時は、「患者さん」と思うとスムーズです。おかしな言動でも失礼な言動でも不快にはなりません。「そうですね。その通りですね。」と対応すれば良いです。

もしも、あなたのまわりの人がみな、あなたに、「そうですね。その通りですね。」と対応してくれているのなら・・それは、あなたの言動が正しいのではなく・・・・ご用心。(笑)
メンテナンス
〇暇だったので、「HP版不動産業界の歩き方」のフルコミ募集ページを更新しました。掲載している各社のリンク切れをチェックしたところ、10社くらいがリンク切れだったため、社名のリンクを外し、たんなる文字表記にしました。

倒産や廃業ではなく、アドレスの変更等をされたのだと推測しますが、管理人としては、変更の連絡をいただいていないのに、勝手に移転先を探してリンクする権利はないしね。フルコミ募集の中止・掲載終了・再掲載など、ご連絡をいただければ対応します。

〇ブログのアクセスカウンターが故障したのがきっかけで、グーグルアナリティクスでアクセス解析をしてみたところ、興味深い事実は判明しました。当ブログと古物商のHPを比較すると・・

【当ブログの読者】は・・
94%・・デスクトップ(PC)
3%・・モバイル(スマホ・携帯)
3%・・タブレット

【古物のHP]】は・・
20%・・デスクトップ(PC)
73%・・モバイル(スマホ・携帯)
7%・・タブレット

当ブログの読者はほとんどデスクトップ・・で、最もアクセス数が多いのは、朝9時前後・・次が17時前後・・アクセスが少ないのは、水曜と日曜・・結論は、みんな会社に出勤して、とりあえず見る人と・・夕方、外回りから帰社してから見る人が多いって事ですね。水曜と日曜はそれぞれ会社の定休日なのでしょう。

当ブログをご覧の読者の大半は10年前から見てる人達と推測します。そういえば、女性からのメールもずいぶん着ましたが、みんな、私の毒舌が原因で消え去りました。(笑)・・よくよく考えると、(もったいないことしたな・・)と思いますよ。今後はやさしい対応で、もしかしたらもしかする可能性を高めようかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.