ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
辛いとき 2
現在の不動産業界は最悪の状況といえます。厳しい状況に追い込まれて不安な日々を送る者は大勢いることでしょう。私も嫌というほど経験していますので、不安な気持ちは理解できます。

リストラ・・ある会社にいた時に、営業成績が100人中、45位くらいだった時があります。自分では『平均的な位置』と認識していたのですが、ある日リストラで半分になりました。100人→50人です。

100人中45位が、50人中45位になりました。『平均的な位置』でなく、『ケツから5番目』になったわけです。焦りましたよ。(笑) のんびり営業していたので慌てました。忘れられない出来事です。

給料日・・『今度の給料をもらったら辞めてやる!』と思いながら辛い環境で耐えていた事もあります。でも次の歩合が確定すると、『次の歩合が入ってからにしようかな・・』と、先延ばしの連続・・・。

退職・・会社を辞める度に預金の残高を確認して、『早く次の会社を決めないと預金が減る・・』と焦りました。景気が良い時期なら不安はありませんが、そうでない時期は最悪な心境になりますね。

フルコミ・・『このまま無収入が続いたら、どうしょう・・』と不安になりながら、冬の寒い時期に自転車でチラシを配っていたこともあります。マンションの管理人に見つからないようにコソコソとね。

親指と人差し指がインクで汚れることを知っているのは経験者だけです。人差し指はポストの入口で擦れて傷がつくこともあります。他社のチラシが邪魔で入れにくい時はキレそうになりますね。

年末・・契約もなく社内での立場は最悪で辞めたい・・なんて思いも、それが年末なら、『せめて年内は耐えて年末年始休暇は無事に過ごしたい・・年が明けたら会社を辞めよう・・』なんてね。

20回以上の年末年始を不動産業界で過ごしましたので、惨めな気持ちの年末年始も何回かはありましたよ。無職で年を越すのは避けたいという思いで耐えている人の気持ちは分かります。

まぁ、苦しいほうが生きてる実感はありますね。それに、人の数だけ仕事があるわけではありません。仕事があるだけ幸せ・・という世の中になりつつあります。職場の悩みは贅沢の一種です。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.