ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも 12
不動産業界を目指す人達から質問のメールが毎日着ます。このような時期でも不動産業界を目指す人はいるのです。劣悪な労働環境の会社も多いため、去る者も多いですが来る者も多いです。

地場業者より大手系の会社のほうが働きやすい・・と思っている人もいるようですが間違いです。地場業者は確実に社長次第です。大手系は少し複雑で、営業手法は部長クラスの能力によります。

労働環境や働きやすさは店長等の下級管理職により違いがあります。ボンクラが管理者だと最悪ですが、そのような不運に遭遇する確率は低くはありません。これは業界の七不思議といえます。

私個人の考えですが、『チラシ配れ!』と、『案内とれ!』しか言えない管理職は業界で生き残れないと思います。今後、指導能力が向上する事も無いし、失業しても業界で転職先はありません。

大昔にテレアポで売ってきた者は、21世紀になってもテレアポが基本だと信じていますし、同じようにチラシ投函や電貼り(電柱にチラシ貼る行為)で売ってきた者も、それが基本だと信じています。

そのような者は、脳が石みたいに堅くなっちゃっているので新しい事は受け入れられません。やっとこさ覚えたエクセルで表作って遊んでるボンクラ管理職に、創意工夫など望むのは酷な話です。

自分が不機嫌だと、『チラシ撒いて来い!』と命じる管理職もいるのでは?自分より馬鹿を好む者が多く、その影響でゴマすりとボンクラばかりが生き残るシステムが構築されたのかな。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.