ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
生きる目的
就職先が決まらない若者達には心から同情します。本人達に罪はありません。小さい頃から親の方針に従い学習塾へ通い、小学校・中学校・高校を卒業し、親に経済力があれば大学へ行き・・

普通に勉強を続けてきて、普通に卒業し、普通に無職・・それは普通の事なので落ちこぼれたわけではありません。しかしご両親は、『親として出来るだけの事はした』と安堵していることでしょう。

親の方針に従い、勉強をしてきただけの良い子を犬に例えると、プードルやチワワです。大切に扱われないと生きていけません。家を追い出されて、外の野良犬に見つかれば高確率で殺されます。

外で生きていくための教育を受けていないからです。真面目に勉強をしてテストで良い点数をとれば、安全確実な人生が約束されている・・と洗脳されていたのなら、その洗脳を解除しないとね。

運良く就職できた人も、、まず最初に先生と上司の差を痛感することになります。学校の先生はサービス業であり、生徒はお客様だったのです。学生は大金を払ってくれる優良顧客のご子息です。

だから先生が学生を叱る時も、心の中には(大切なお客様)という認識が少しくらいはあります。会社の上司は違いますよ。声を大にして、『嫌なら辞めろ!』と言います。・・しかも、100%本音です。

今の世の中、社会人として普通に生きる事は簡単ではありません。平日の昼間に大きな公園に行くと、ベンチで時間を潰す人達がいます。会社から追い出され、家にも居場所が無い人達です。

会社で我慢できなかった人達が多く含まれます。プライドを傷つけられ、『こんな会社、辞めてやるよ!』と楽な選択をしてしまった人もいるはずです。・・これを他人事と笑える人は少ないのでは?

年間3万人を超える人達が自殺しています。世の中が悪いと言うのは簡単ですが・・では、良い世の中だったら生き続けたけど、良くなかったから死ぬ・・というのも贅沢な話ではないでしょうか?

1日3食を普通に食べる事ができる国は一握りです。しかも、日本は残飯量が世界一で、残飯の廃棄処理費に年2兆円も使う国・・食い物の半分を捨てる我が国に生まれた段階で、『勝ち組』では?

ま、それでも生きる目的が無いと辛い日々に耐えられないという人もいるでしょう。私が若い時に考えた『辛い日々を耐えてまで生きる目的』は、寿司1000回、ステーキ1000回、女・・・人でした。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.