ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも 23
不動産業界に限ったことではありませんが・・過剰な『お客様至上主義』が世の中に蔓延しているように感じます。まるで宗教のようです。経営の神様を真似ているのか?感化されているのか?・・

多くの経営者がテレビ・雑誌のインタビューで語ります。全てはお客様のために・・お客様に喜ばれたい・・お客様に感謝します。・・なんてね。大半の会社が自社HPでお客様主義を語っています。

誰だってマスコミのインタビューではキレイな話をしますが、本気でそんなことを思っているのはボンクラです。お客様は神様ではありませんよ。たんなる『一般消費者』であり、商取引の相手です。

キレイな言葉ばかり並べた役にたたない本を買っては、無駄な知識を得て人に言いふらす愚行を重ねる者も多いですが、そんな事ばかり信じているから、つまらない人間になってしまったのでは?

顧客に対するサービスやマナーは上質なほうが良いし、顧客の満足度も高いほうが良いですが、過剰に崇めたて媚びる必要など無いと思います。ここで話題を変えますが(後で戻りますけど)・・

世界の富の80%は世界の20%の富裕層が所有しているという話もあります。それが事実なら不公平であり、暴動が起きて当然ですが、暴動が起きなかった理由が宗教ではないか?と思います。

宗教により、貧しくても我慢しよう、つつましく生きよう、真面目に生きていれば救われる、天国へ行ける・・と洗脳する事で牙を抜き、特権階級が保有する富を守る事に成功した国もあると思います。

富を武力で守るには膨大なコストを必要としますが、人民を宗教で洗脳して羊のようにおとなしくすれば強奪は避けられます。武力で守る必要もなく、コストもかかりません。節約型の防犯対策です。

お客様至上主義にも共通点があります。顧客に対する接客マナーの向上やトラブル防止に有効です。社員の接客マナーを監視するより、日頃からお客様至上主義の洗脳を行うほうが低コストです。

しかし、過剰なお客様至上主義は、クレーマーを増やす作用もあります。不手際があれば金銭的な方法で誠意を見せてもらえると期待をさせます。甘ったるい経営理念は命取りですよ。・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.