ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
タイムリミット
広告で「新築」と表示できるのは、建物完成後1年未満と定められていますね。それを過ぎると「未入居物件!」となるわけですが、マンションは逃げられませんね。派手な宣伝も災いしたのかな?

「完成間近!」とか、「堂々完成!」なんて大々的に広告した経緯もあり、それから1年経てば誰もが、「もうそろそろ1年だな・・」と分かるわけです。・・まぁ、どのみち、完成時期は誤魔化せません。

マンション分譲事業は、会計監査や決算、資金繰りの関係もあり、完成を急ぎます。マンションは1棟の戸数が多いことが災いして、簡単には完売しません。1年なんて「アッ!」・・という間では?

それに比べて、地場の建売業者は細かく逃げることが多いです。建売屋の社長に、「この物件、完成してずいぶん経ちますね?」と聞くと・・「いや、まだ完成してない。」なんて事を平気で言います。

チンタラ建てても、3ヶ月程度で完成するものですが・・「まだ畳を入れてないから未完成です。」とか、「早く完成するとヤバイから、一休みして、大工には別の現場に行かせてるよ。」・・なんてね。

しかし、銀行だって融資して1年も経てば、担保設定させろと言うはずです。その流れで建物の保存登記をすればアウト。そして、完成したと見なされたら固定資産税の評価・課税対象にもなります。

いつまでも逃げられませんよ。仲介会社が新築物件を広告に掲載する際は、完成時期や完成予定を表記しますが、それを売主に聞く度に、完成時期が変化する物件もあるのでは?(笑) ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.