ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
業販ジャンキー
営業成績を上げる良い方法を教えて・・なんてご相談を受ける事がありますが、そのようなご相談に応えるほどの営業力が私にはありません。(笑) それに不動産仲介は特有の難しさがあります。

他業種のセールスでは有効なセールス・トークや殺し文句があるかもしれませんが、それは顧客も理解したうえで、(まぁ、いいか・・熱心に営業しているので断るのも悪いし・・)と思っているのです。

不動産は、『付き合い』や、『爽やかな笑顔』では売れませんよ。数千万もする商品です。『まぁ、いいか・・』では済まされません。だから顧客もドライです。警戒心もかなり強いです。妥協もしません。

他の商品なら独断で決めても、不動産を買う時は親兄弟に相談もします。売主の業者を調べたり、事前に勉強をしたりと、いろいろな動きをします。そんな人を相手に楽して売ろうなんて無理では?

相手は一生に一度の真剣勝負と考えています。だから楽して売る方法なんて狡賢いことを考えている者はアウトなんです。お世辞も無駄です。仲介営業マンは顧客に媚を売る必要はありません。

顧客が欲しがる物件を探してきて、『是非!買いたい』と言わせるのが王道だと思います。・・でも、これが難しいんですよね。こうやって書くのは簡単ですが、やってみるとね・・簡単ではありません。

売物件の価格を下げさせて業者に突っ込むのは楽ですが、そればっかりやってると営業の腕は落ちます。エンドユーザーなんて面倒でやれなくなります。わかりやすく言えば麻薬と同じですね。

建売用地に適した物件なら別ですが、中古戸建でさえ、価格査定の段階で買取り価格を提示するようになれば、確実に『業販ジャンキー』です。・・まぁ、私も人のことを言えませんけどね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.