ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
競売屋の話
不動産の競売も進化しましたね。インターネットで競売情報を閲覧できる時代です。一般人が競売の入札をするのも普通です。私が競売の立ち退きを専門にやっていた頃とは何もかも違いますね。

私が新人の頃に関係者から聞いた話でもしますか・・その関係者も競売屋さんでした。昔の競売屋さんは多かれ少なかれ暴力団と関わっていたものですが、その関係者は完璧に企業舎弟でした。

まぁ、企業舎弟なんて言葉が使われるより前の時代ですけどね。昔は不動産の競売で談合が行われていました。競売に参加する者は限られていましたので、そんなことも可能だったわけです。

裁判所か、その近くの何処かで集まり、談合を仕切る者が落札者を決めるわけです。落札する者は持ち回りで決め、落札する者以外は数万~数十万の金をもらい競売の参加を辞退したのです。

談合で選ばれた者は最低落札価格で競落する事が可能です。・・で、問題なのは、談合に参加しない者です。談合に参加しない者は、談合システムの存続に関わる危険人物と認定されました。

談合を仕切る者は暴力団関係者です。黙って指をくわえて見逃すわけありません。私の聞いた例では・・談合に参加しない者が競売入札のために裁判所へ行き、早めに着いたのでトイレに行き・・

小便をしていた時に襲われたそうです。両手、両足を縛られ、大便器の個室に閉じ込められたのです。発見された時には入札が終わってたそうです。郵送では参加できなかった頃の話です。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.