ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
気にしない人達
昔、賃貸仲介をしていた頃の話です。ある日、家を貸したいという依頼があり、とりあえず現地に行くと・・普通の一戸建でした。依頼人(所有者)に鍵を開けていただき、建物の中を拝見したところ・・

2階へ昇る階段を・・数段上がったところにドアが設置されていました。『コレはなんですか?』と依頼人に聞くと、依頼人は、『2階は私(依頼人)が使うから、ドアを付けて鍵をしてある。』と答えました。

さらに詳しい話を聞くと・・○2階は貸主の物置として使う。○借主には1階だけを貸す。○玄関と廊下は貸主と借主が共用して使う。○たまに貸主が玄関と階段の鍵を開けて建物内をウロウロする。

・・なんて話でした。・・ということは、借主が風呂上りにバスタオル1枚(あるいは裸)で廊下に出ると、たまたま貸主が玄関や廊下にいて、バッタリ遭う可能性も否定できない・・ということになります。

依頼人は、『私はべつに気にしません。』と言いました。私はそこで同僚の話を思い出しました。風俗好きな同僚がソープランドに行った時に、ソープ嬢は何も付けずにサービスを開始したそうです。

同僚が、『付けないの?』と聞くと、ソープ嬢は、『大丈夫!私は気にしないから!』と答えたそうです。同僚は、(オマエが気にしなくても、俺は性病が怖いから気にするよ!)と思ったそうです。(笑)

共通点ありますよね。(笑) 賃貸の話に戻ります。依頼人は自分勝手なタイプで、常識的な会話さえ成立しない恐れもあり、私は依頼を断りました。世の中にはいろんな人がいますね。ご用心。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.