ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも 28
どこの不動産屋でも、月末が近くなると忙しいものですが、その不動産屋は違う意味で忙しそうでした。・・ある日、月末に近い日にその業者を訪ねた時の話です。応接間で社長と雑談をしていると・・

次から次に来客があり、その度に社長が席を立ちますが・・必ず1分で戻ってきます。忙しいのなら帰ると言うと、『気にしないでいいよ』とのこと・・何故?来客1人に対して1分で済むのか聞くと・・

来客は全て同業者の社長や他社の営業マンで、用件は貸した金の返済でした。何故?多くの同業者にお金を貸しているのかを、暇つぶしで聞いてみたところ・・予想外の答えが返ってきました。

もともとお金は貸す気がなく、貸しても金利はとっていないとのことでした。全ての原因は契約なのです。その社長さんのところに同業者が物件を持ち込み、良い物件だから買うと言うと、業者は・・

『契約の前ですが、手数料を前払いして欲しい』・・と言って手数料を受領し、結果的に契約は流れてしまい、手数料を返してと言うと、『すみません。使っちゃいました。』となり・・分割払いという話。

売買契約はしたけど、契約条件で定めた白紙解約条項が適用され・・やはり仲介手数料を前払いして、解約時に返してもらえないパターンもあり、他にもいくつかのバリエーションがあるようです。

金に困っている業者達は、報酬を前払いしてくれる社長さんを頼りにしているのです。、(先に手数料をもらって、もし契約が壊れても、分割で返済すればいいや・・)と気軽に考えているみたいです。

原則は月々の分割払いですが、新たに案件を持ち込み、仲介手数料が発生したら、『繰上げ返済』が可能です。(笑)・・しかし、また前払いしてもらって白紙解約になると借金は増えますけどね。

不動産の契約は印鑑押しても安心できないことくらい新人でも分かることですが・・まぁ、借りてるも本人達も分かっているのかもね。案件をネタに資金繰りをするのが目的のような気もします。

その社長さんのメリットは業者達が良い情報を持ってきてくれる事です。年間にいくつかは儲かる話もあるそうです。・・まさか、それが目的で解約の可能性が高い取引でも前払いしているのかも。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.