ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも 29
どちらかというと売買より賃貸に多いケースですが・・来店客を見た時、1秒で断ると決めることってありますよね。まだアンケートも書いてないし、話もしていないのに見た目で判断するわけです。

わかりやすい例で説明するなら・・ホームレス風とか、やくざ風とかですね。まぁ、1秒で断ると心で決めても、1秒では断る事はできません。『いらっしゃいませ』と声をかけて用件を聞く事はしないとね。

一応、アンケートを書いてもらい、要望を聞きながら断る理由を考える営業も多いのでは?客の中には、自分が審査対象だという事も理解せず、すぐに物件を紹介して欲しいと言う者も多いですが・・

しかし、断る予定の者に対して物件資料でも見せてしまうと、『今から見たい』とか、『見ないでもいい、コレに決める!』なんて言われることもありますので、物件紹介の前に断る必要がありますね。

私は客がアンケートを書いている時に、手の指を確認する癖があります。繁華街の店で勤務していた頃に、そんな癖がつきました。言うまでもなく指の欠損は確認しますが、それ以外もあります。

たとえば年少リング・・指輪のような形に彫った刺青です。語源は少年院で流行ったからだと思います。指に傷をつけて、ボールペンのインクか何かを傷に染みこませて彫る悪戯みたいなものです。

レーザーを使った治療で消せるはずですが、消さずに指輪で隠している者も多いです。そのようなものを過去の栄光と思ってか?消さずに生きてこれた職業って何?・・と考えると審査でアウトです。

車で来店した人の場合は車も見たほうが良いです。昔ですが・・客ではなくパートさんを募集した時、ヤンキー風の若い奥さんが面接に来て・・車の見ると前後のバンパーに派手な傷がありました。

もしや?・・と思い、任意で上着の袖をまくってもらったら、注射針の痕が複数ありました。・・まぁ、注射の痕は隠せますが、車のバンパーは直さない人(薬物中毒者)が多いのでわかりやすいです。

賃貸は一度貸すと長くなるので、ヤバイ人は初期の段階で遠ざけないと悩みの種になります。保証会社による厳格な審査が必要な賃貸物件だけを扱うのなら関係の無い話ですが・・まぁ、ご用心。



大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.