ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
駐禁
私道のHPも管理・運営しておりますので、暇さえあれば、私道や道路に関連する法律を調べたりしてます。最近では道路の専門書も読み飽きたので、興味本位で駐車禁止について調べています。

不動産仲介の仕事をしている人は、顧客から、『私道部分に駐車しても大丈夫でしょうか?』とか、『近所の人が私道に路上駐車して通行の邪魔で困る』・・なんて言われることもあるのでは?

道交法では道路の定義として、「一般交通の用に供するその他の場所」も道路であるとしています。これに該当する私道は道交法の道路に含まれるという事になります。ただ、早とちりはダメです。

該当する私道もあれば該当しない私道もあるはずです。全てが該当したり、全てが該当しないという意味ではありません。道交法の定義があいまいな表現なのに、明確に答えることはできません。

また、道路交通法や自動車の保管場所の確保等に関する法律に抵触しなくても、恒常的な駐車による通行妨害の禁止を求める裁判や損害賠償請求など、駐車禁止を肯定する可能性はあります。

ま、慎重に答えるとしたら・・『道交法では、私道という表現ではありませんが、道路の定義で、【一般交通の用に供するその他の場所】も道路に該当すると定めています。もし、これに該当すると・・

・・私道であっても道交法の適用される可能性があります。ご質問の私道が道交法の適用となるか否かは不動産会社には判断できません。』・・なんてかんじですかね。偏る説明をすると面倒です。

駐車禁止ですと答えたら、『駐車できないって言ったのに近所の住人が駐車して困る』と言われる可能性もありますし、逆に駐車しても大丈夫と答えたら、『駐禁で違反切符きられた!』・・なんてね。

断言しないで逃げるしかないのです。無責任な発言をすると怪我をします。『ここは私道なので駐車しても大丈夫です。来客があった時には便利です。』なんて言って売ってる営業マンは、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.