ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
保証なき保証
家賃保証会社が倒産したニュースを見る度に思うのですが、家賃保証って・・やくざの『みかじめ料』に似てますよね。わかりやすく言えば用心棒代です。『何かあった時は助ける』という保険です。

用心棒代・・スナックなどの飲食店でやくざ風の客が暴れたりした時に急いで連絡すると、組の若い衆が数人で駆けつけて、『コラァ!表に出ろ!』と連れ去ってくれる民間団体の保証です。(笑)

やくざは倒産しませんので、保証料を受け取り保証せず倒産する家賃保証会社と一緒にしたら、やくざに失礼ですね。今後も家賃保証会社の倒産は続くのかな。金を集めるだけ集めて倒産かな。

家賃保証は、みんなが真面目に家賃を払うなら不要な存在です。払わない人が多いから家賃保証の契約をしているのに、家賃を払わない人が多すぎて倒産・・て、よく考えればふざけた話ですよ。

家賃の滞納者が多いから倒産・・みんなが滞納せず払ったら倒産せず大儲け・・それって、人から借りたお金で競馬をして、当たれば大儲けで、外れた時は返済せず破産手続きするのと同じでは?

予想外の滞納額になったら保証する気は無いし、したくてもできないのです。騙しのテクニックで安心材料を増やすために、保証会社の保証を保証する会社が存在しても連鎖倒産したら同じです。

甘い入居審査でOKだった家賃保証会社が倒産した場合、その甘い審査で入居させてしまった滞納予備軍の対応策で悩む不動産業者も数多くいると思いますよ。・・まぁ、後悔しても遅いですね。

家賃保証会社の保証能力を無視して加入するほうも問題かな。オシャレなウェブサイトやプロフェッショナルが揃っているイメージに騙されるのかな。いつの世も騙される人はいます。ご用心。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.