ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
滞納者
知人の社長さんが今日もキレてました。賃料を4ヶ月分も滞納している賃借人と連絡がつき、『必ず今日の5時までに滞納分の賃料を払いに行きます。』と約束したそうですが・・すでに5時30分・・。

社長さんは、『約束を破りやがったな・・』とつぶやきました。私は心の中で、(そもそも賃貸契約で定められた約束を守らない者と約束しても意味がないのでは・・)と思いましたが、言いませんでした。

私も不動産屋に入る前は、約束事をカンタンに破る者が大勢いる事を知りませんでした。しかし、賃貸管理を経験してから認識が変わりました。ゴロゴロいますよ。苦しまぎれの嘘、居留守、無視・・。

留守電に用件を入れても無視・・張り紙も無視・・夜に訪問した際、照明がついていてテレビの音も聞えているのに、インターホンを押しても無視・・というか居留守。腐りきっている者達は多いのです。

やっと本人と面談して支払いを迫れば、『明日には払う』 『必ず月曜には振り込む』 『月末に滞納分は全額支払います。』・・と約束しますが・・ぜーーんぶ嘘。電話してみると留守電・・この繰り返し。

・・で、賃料の支払いからは逃げまくっているのに、パチンコをやる金は持ってたりするんですよね。支払いの優先順位は、滞納している賃料よりパチンコが上位なのです。(笑) 珍しくもない話です。

そんな人間を少なくとも100人や200人は見てきましたので、その社長さんの気持ちは理解できます。・・で、強引に支払いを迫れば問題になります。そして、『悪いのは不動産屋』となるわけです。

そんな滞納者を見込んで家賃保証会社の保証料は算定されますので、真面目な賃借人の皆さんが、そのリスク料を負担している事になります。真面目な人が損をするわけですね。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.