ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
健保と年金と税金
私は30代後半まで税金に興味がありませんでしたが・・ある年のある月から劇的に変化しました。(前年に稼いだから、払う税金も上がるな・・)とは覚悟をしていたのですが・・給料明細を見ると・・

健康保険料と厚生年金保険料だけで8万も控除されていました。それとは別に所得税や住民税、介護保険料等も控除されたので、なんだかんだと10万円くらい控除されて、歩合給がない月は・・

たしか固定給25万円で手取りが・・15万円。間違いではないか?と思い、総務に確認したところ・・間違いはなく、その控除額が1年間続くと宣告されました。まぁ、毎月歩合が入れば良いのですが・・

そうもいかないのが現実で、歩合のない月は手取り15万円になりました。歩合率が10%だったので、健康保険料と厚生年金保険等の払うためだけに月100万円の仲介手数料が必要となりました。

そうなると税金に無関心ではいられなくなりましたね。私の感覚では健康保険料や厚生年金保険等は税金の区分です。(笑)ま、少なくとも無関係ではありません。 その後は税金が気になりだし・・

刑務所に関しては(税金で運営する敷金0礼金0手数料0更新料0の3食付公共保養施設)と思い、死刑廃止運動を見聞きすれば、(では、税金で3食付のサービスを無期限でするのか?)と思い・・

少子高齢化と聞くたびに嫌な気分になりましたね。(この国は年金で潰れるのでは?)と真剣に考えましたよ。そもそも、年寄りが平均100歳まで生きることを前提に計算していないんでしょ?(笑)

ありえますよ。平均100歳・・悪い風邪でも流行しない限りは解決しませんね。(笑)少子化の影響で今の子供達が成人したら、税込25万円の月給で手取りはいくらになるのかな?・・ま、ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.