ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
表向きの通達
大手系列会社では、本社の幹部(部長職以上)が、『休む時は休め!』とか、『ダラダラと仕事せず、メリハリをつけて早く帰れ!』などと営業マンに指示をする事があります。書面で通達する事も・・。

それは、『労働基準法に違反する勤務を強要していない』という証拠を残すための指示だったりします。そんな指示をする仲介会社に勤務した事もあります。指示に従わずに残業をしていると・・

毎日必ず同じ時刻に無言電話がありました。他の支店の営業マンに聞いてみると・・他の支店でも同じ時刻に無言電話があると言ってました。・・本社で支店が残業しているかを確認していたのです。

早く帰れという指示が本心なら、無言電話などせず、『何故、こんな時間まで残っているのか?』と問い詰めれば良いのですが、本心は帰宅させたくないわけですから、そんなこと言えないのです。

・・で、支店の営業マン達は無言電話が本社からであると認識したうえで、無言電話がある時間までは残業したり、無言電話でも丁重に対応したりと苦労しました。バカ会社は疲れるのです。(笑)

まぁ、労働基準法なんて痛くも痒くもない地場業者では、『案内とれるまで帰るな!契約できるまで休むな!』なんて珍しくもない話です。どっちが良いのかな・・正直なだけ地場のがマシかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.