ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
逃げ道
民主党政策集に記載されている『一つの業者が売り手と買い手の両方から手数料を取る両手取引を原則禁止とします。』という件に関しては興味深いですね。単純に両手禁止という意味なのか?

それとも、売主から6%もらえるのか?一番興味があるのは、『原則』という部分です。例外が逃げ道となれば、どうでも良い話となります。政権交代の可能性もありますので、対策は急務ですね。

大きい仲介会社は物元専門に特化するか、物元専門会社と客付専門会社に分割して2つの不動産仲介会社を経営する形になるかもね。(※売主から6%の手数料受領が認められたら別です。)

関連会社による共同仲介は違反・・となれば、資本関係のない会社と協定を結び、または資本関係を隠して共同仲介を成立させたり、複雑な金の流れで対応するケースも発生すると思います。

個人商店なら・・父ちゃんがA社、息子がB社・・で、物件の媒介を受ける物元業者はA社(父ちゃん)で、チラシ広告で集客する客付け業者はB社(息子)・・常に親子で共同仲介・・これでOK。(笑)

脱法的かな。まぁ、両手禁止になったとしても、大手系仲介会社が物件確認で、『物件ありますよ。どんどん客付けしてください。』なんて事にはならないでしょう。なんらかの対策は講じるはずです。

いずれにしても大手系列会社は取引の大半が両手のため、両手禁止になれば影響は受けます。その結果、大規模なリストラも予想されます。大手系仲介会社に在職中の営業職はご用心。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.