ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
社内分かれ
昔ですが・・社内分かれの取引で、建売用地を契約後・・売主から、『手付けを放棄して解約したい』と連絡がありましたが、売主担当者は休暇中・・私は関係ないのですが、契約書を確認すると・・

その日が手付け解除日でした。明日以降の対応となると手付け解除日を過ぎてしまいます。買主担当者に知らせると、『あ、そう・・それなら、明日にでも売主担当者と話し合うよ』・・とのことでした。

建売用地・・買主は業者・・買主担当者は業者に得があれば良いと考えたわけです。明日になれば、手付け解除期日を越えて違約解約に・・。買主担当者は売主担当者に連絡をしませんでしたが・・

私は売主担当者に連絡して売主の伝言を伝え、手付け解除期日が今日である事も話しました。売主担当者は、『えっ?・・』と驚き、買主担当者と話をして買主に手付け解除の意思を伝えました。

会社の同僚や仲間でも、こんなかんじです。油断できないでしょ?とくに建売用地がらみはリベートも発生したりと、いろいろな見えない損得が発生します。注意深く、用心深くならないとね。ご用心。

追伸/翌日・・売主担当者は買主担当者に、『教えてくれて助かったよ!』と礼を言い、買主担当者は、『当然のことですよ。』と答えたそうです。(笑)・・私は買主担当者に恨まれましたけどね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.