ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
悪魔の営業術
商談中の相手が何を考えているか・・それがわかれば営業成績は確実に向上します。家の購入を検討中のご夫婦・・家の査定で訪問した際の依頼者の本音・・自分に対しての印象・・いろいろ・・。

これから説明する手法の倫理的、道徳的な善悪は各自が判断して下さい。アイデアは提供します。ボールペン型ICボイスレコーダーをご存知ですか?高性能小型マイク内蔵のボールペンです。

○たとえば・・家の売却を考えている顧客宅へ査定に行った際、査定価格を説明中に、『すみません、お手洗いを拝借できますか?』と言い、ボールペン型レコーダーを置いたまま席を外します。・・

お手洗いで席を外している最中に、査定を依頼したご夫婦は内緒の会話をします。『意外と高い査定ね・・』とか、『あまりにも安いので、他社にも査定してもらうか?』などの会話が録音されます。

○たとえば・・家の購入を考えている顧客宅または会社の応接間にて、値引き交渉について話し合っている最中に、やはりボールペン型レコーダーを置いたまま席を外す。・・顧客がご夫婦なら・・

『まぁ、今の金額でも買おうとは思うけどな。一応、言うのはタダだから・・』 『でも、他の人に買われてしまうと困るわ・・』などの会話が録音されます。1度目の席を外す際に録音・・2度目に聞けば・・

商談は営業マンの思いどおりに進むのでは?本音を聞くことにより、トラブルの回避も可能です。売主宅で・・『自殺の件、言わなくても大丈夫かな・・』とか、『雨漏りの件、言ったほうがいいかな・・』

・・なんて怖い会話も、知らないよりは知ったほうが良いわけです。もちろん、『知る方法』に問題があれば罪悪感もあるとは思いますけどね。私は使った事などありません。ブログの更新ネタです。

顧客が使用する場合もありえます。営業マンと営業マンの上司が2人で訪問した際に・・顧客が故意に席を外し、どこかにICレコーダーが・・。顧客がいないと油断して会話していると・・ご用心。(笑)

※使い方もいろいろです。自宅にセットして出社・・帰宅後に録音を聞くと、『・・主人は出かけたわ。帰りは遅いと思うわ。ゆっくりできるわよ・・いつもより愛してね。』・・なんてね。知るの怖いかも。(笑)

ペン型ICレコーダー


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.