ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
セールス 2
私も新人の頃はセールスの本を読みましたよ。10冊か20冊か・・とにかく数多く読んだわけですが、まぁ、結論を言えば、『全て同じ内容』でしたね。ま、それぞれに多少の違いはありましたが・・

○真面目に頑張ること○顧客に対して誠実に接すること○顧客に感謝すること○幸せのお手伝い・・なんてかんじだったかな。それ以降、そのような類の書籍にお金を使った事は一度もありません。

古本屋の100円均一コーナーで売っていても買う気にはなれません。だから最近の本は読んでないため内容を知りませんが、どんな内容なんでしょうね。(笑) 大差ないような気もしますけどね。

まぁ、皆様が無駄金を使って著者の印税収入に寄与されるのはご自由ですが、セールスは商品、業種、時代、立場により何もかも違います。不動産営業にしても売る商品により全然違います。

例えば・・会社から与えられた商品を売るだけの営業職(建売・新築マンション)と、物件の調達・調査・広告・契約・引渡し・クレーム処理まで1人でする仲介営業では別世界と言えるほど違います。

その仲介営業に関する過去のノウハウ本も今後は役に立ちません。今後はインターネット営業の時代なので、広告物件で客寄せして別の物件を紹介する・・なんて自分勝手な手法は無理です。

問い合わせした広告掲載物件が成約済みならサヨナラ・・というパターンが多く、『振り替え』は難しいのです。不動産情報サイトの膨大な情報により、顧客はレインズを超えた情報を入手可能です。

『それ知ってます。』と言われた仲介営業マンも多いのでは?(笑) 『その物件は先週に成約してますよ。』・・とまで言われたら恥ずかしいですね。顧客のほうが最新情報を知っているということです。

他社の物件を紹介しようとしても、不動産情報サイトに物元(元付)が掲載してるため既に知っている・・というケースが多く、その壁を乗り越える手法を書いたセールス本なんて無いのでは?(笑)

ま、安易な方法は『手数料値引き』です。半額だの無料だのと宣伝して片手で我慢する業者も多いようです。手数料を半額にしても仲介責任は半分にはならないという事は忘れずにね。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.