ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
安い地域
比較的に土地の安い地域で建売業を営む会社に顔を出しました。社長の奥様が美人であることは関係なく、その街の中古物件を売り出す予定があったので、最近の状況を聞こうと思っただけです。

『最近はどうですか?・・』と聞くと、いきなり、『建売はやめました。』とのこと。・・そういえば最近、別の建売業者が建売をやめた話を書きましたよね。だから私は、(またか!)・・と思いましたよ。

・・で、建売をやめた理由を聞くと、不況もありますが、いわゆる『パワービルダー系』の格安建売業者が、その街で激安の建売分譲を売り出したのを見て、(ダメだ、コリャ・・)と戦意喪失したのです。

ま、たしかに1棟700万円程度で建てられるパワービルダー系建売業者と互角には戦えませんよね。だからと言って、高級な建売で勝負・・なんて大博打は暴挙ですしね。(笑) 話の続きですが・・

今後は仲介か、または建築条件なしの土地分譲で勝負するとの話でした。基本は仲介で、パワービルダー系の業者に土地を卸したり、自分で買って土地のまま転売したり・・というイメージかな。

まぁ、この業者に限らず、同じ状況の地場業者は多いと思いますが、仲介には仲介のノウハウがあり、苦労があります。建売業で食えないから仲介業という発想で上手くいくかは疑問ですけどね。

たとえば、建売の場合、建売による1棟あたりの利益を見込んで宣伝広告をしてきたわけですよね。1棟300万円とか500万円とかね。でも仲介の場合は仲介料だけの枠で広告宣伝をするわけです。

地価の安いエリアでは、土地価格が1坪20万とか30万とかです。1区画30坪で600万~1,000万円弱・・手数料は片手で30万前後です。新聞折込チラシを数回やれば広告費が手数料を超えます。

しかも、その手数料だって成約しなければ得られません。だから多数の物件を掲載して1物件あたりの広告費用を下げる必要があります。社有だけ広告してた建売屋にはカッタルイ作業では?

ま、そんな事を思いつつ、社長の奥様とも少し話ができたので帰りました。帰りに、街を歩く老人達を見て、(なんか、街の雰囲気が暗いな・・)と感じました。安い地域はゴーストタウン化するかもね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.