ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
何を言っても無駄な人
つい最近ですが、いわゆる『晒し物件』の所有者と話す機会がありました。ちなみに、『晒し物件』とは、レインズ等で長期間に渡り『さらしもの』の状態になっている未成約の売物件を指す隠語です。

その所有者の物件は、『値段が高すぎて誰も買わない』物件でした。レインズ登録歴10年超の有名物件なので、媒介業者のレインズ登録用図面を見せられた瞬間に『あ、アレか・・』と判りました。

所有者は不動産業者に、『この物件、正直に言って、いくら位ですか?プロから見てどう思いますか?』などと助言を求めますが・・人の助言を受け入れるタイプなら、とっくに売れているはずです。

何を言っても無駄な人なのです。バブルの頃なら数億円で売れていたのに、『安くは売れない!』と商談を断り・・その後も多数の業者と媒介を結んでは期限切れを繰り返してきた歴史があります。

現在、その物件を任されている業者は、『媒介件数のノルマ』がある仲介会社なので、担当者は、(とりあえず受けて、値下げできなかったら、切り捨てればいいか・・)と判断して受けたのでしょう。

私は、『難しいと思いますよ。』とだけ言いました。たぶん、その所有者が生きている間は無理だと思います。まぁ、所有者が死亡しても、相続した者が同じ性格なら永遠のテーマですけどね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.