ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
豹変
上司が部下に怒鳴り散らす・・なんて不動産会社は珍しくもありませんが、一つだけご忠告申し上げますと・・上司と部下の関係は会社に在籍している時だけ有効な上下関係です。・・ということは・・

部下に対して、人格否定・・虐め・・意地悪・・を繰り返している上司も、その部下が退職した瞬間に、『ただのオッサン』になる事を忘れてはなりません。また、おとなしい部下も会社を辞めた瞬間に・・

豹変する事があります。ずいぶん昔の話ですが、社員に対して陰湿な虐めばかりしてた社長が困った事になりました。社長の不用意な発言で女性社員がショックを受けて親族に相談したのです。

その後、親族が怒鳴り込んできて、社長と幹部が対応したのですが、事件を公にしたくない会社側は謝罪する事となりました。・・ま、そこまではよくある話かな。当事者間の問題は解決しました。

しかし、それを側で聞いて知っていた社員が、『俺はどうせ、もうすぐ会社を辞めるから、辞めたら事件の事を全部しゃべってやる!』と言い出しました。自分を虐め続けた社長と会社への復讐です。

ふだんはおとなしく、虐めても逆らわなかった社員の豹変に社長は驚きました。会社としては絶対に秘密にしたい内容だったため、その社員に『口止め料』を含む退職金を支払う結果となりました。

口止め料を払っても、部外者の私が知ってるくらいですから、大勢が知る結果となりましたね。部下を虐める上司は多いですが、被害感情は退職後も有効です。逆らわない、おとなしい社員でも・・

退職後もおとなしいとは限りません。本人がおとなしい性格でも、身内に怖い者がいるケースは否定できないのでは?多かれ少なかれ秘密の多い業種です。責任をとる日がきますよ・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.