ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
反則技も『技』
支店数が多い仲介会社には支店ごとに営業エリアがあります。他の支店とエリアが重複しないようにするためです。エリア境界線は、市区町村の境や幹線道路の左右で分ける例が多いですね。

営業エリアが存在すれば、それにともなう社内ルールも存在します。たとえば・・他の支店のエリアで物件を探している顧客がいたら、その支店に顧客を紹介する等の細かいルールがありますが・・

必ずといって良いほど、例外規定のような抜け道があるものです。『良い物件があれば・・』なんて言ってる成約確率の低い顧客は喜んで他の支店にくれてやりますが、事業用物件の売却依頼なら・・

あらゆる角度から検証して例外規定を運用し、絶対に他の支店には渡さない・・というのが現実ですね。支店の責任者と営業マンが共謀してやるケースと、営業マンが単独でやるケースがあります。

私は、そのどちらも経験がありますが、どちらにしても水面下で秘密裏に動く必要があります。エリアを担当する支店にでも情報が漏れたら、客付けされてしまい、手数料の取り分が減るからです。

通常は、売却依頼を受けてから・・査定・・媒介・・客付け・・契約・・という流れですが、媒介を締結してしまうと情報を隠せないので、客付けしてから契約直前に媒介を結ぶ・・という流れになります。

そして、契約日の直前に上へ報告する・・他の支店のエリアで売却相談を受けた・・たまたま購入希望者がいたので、すぐ契約できる・・今回だけは例外として認めてほしい・・なんて報告です。(笑)

この『すぐ契約できる』という言葉に上は弱いのです。目の前に契約がぶら下がっていれば・・支店長も、部長も、本部長も、専務も、社長も全員承諾します。これが大手系不動産会社の世界です。

『まったく・・他の支店エリアだぞ!・・しかし、既に購入希望のお客様がいるのなら、社内事情でゴタゴタしてお客様にご迷惑をかけられないし・・今回だけは認めるが、今回だけだぞ!』・・なんてね。

その『今回だけ』を毎回やるわけです。(笑) それぞれ立場がありますので、堂々とルールを破るわけにもいきません。毎回のように同じ茶番劇を繰り返すわけです。・・ま、反則技も『技』です。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.