ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
最近の物件確認
物件確認の電話で、『インターネットの広告に掲載してもよいでしょうか?』と聞かれると、(なんだよ・・またか・・)と思います。売買物件に関しては、そのような物件確認ばかりでウンザリしますよ。

とにかくネットの掲載物件を増やす・・反響が増える・・商談も増える・・契約も増える・・と信じているのかな。物元が不動産情報サイトに掲載しているのに、他社にネット掲載の許可はしませんよ。

同一の物件に関して情報が重複すれば一般消費者は迷います。わざわざ遠回りした情報ルートとなるケースも予想されますし、物元としても、わざわざ両手を片手にする可能性もあるのでは?

インターネットの利点は、情報を日本全国、あるいは全世界に向けて発信できることです。町の小さな不動産屋でも他の業者を頼ることなく、広く、購入希望者を探すことができるわけです。問題は・・

不動産情報サイトが多すぎることですね。消費者が見るサイトと物元業者が掲載するサイトが同一でないとコンタクトがとれません。だから、不動産情報サイトの数は少ないほうが良いと思います。

不動産情報サイト内においても物件情報が重複しないほうが良いですね。不動産情報サイトで、同じ物件が数多く並んでる検索結果ページを見ると、(全部同じか・・バカみたいだな・・)と思います。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.