ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産ブローカー3
不動産ブローカーが関与する物件には、『仕切り価格に上乗せ分はバック・・』みたいな話もありますね。ま、くわしく解説をしますと・・たとえば、売主が希望する販売価格が3,000万円だとして・・

その売主が、『ウチは手取り3,000万円でいいよ。上乗せ分はバックしますよ。』と言い、それを聞いた同業者が売買価格3,500万円で客付けをすれば・・500万円は報酬としてバックされるわけです。

3,000万円で客付けした場合は法定手数料さえ支払われません。仕切り価格の3,000万円は手数料報酬を差引いた手取りで価格設定しているためです。これが不動産転がしの「仕切り価格」です。

転売契約の中間省略みたいなものです。3,000万円で仕入れて3,500万円で転売すれば登記料や税金、その他の経費が発生します。そのようなコストも省略してしまうのです。問題もありますよ。

仕切り価格3,000万円で売ったつもりの売主さん、契約では3,500万円になってるわけです。3,500万円で売却したと申告する事になりますので、キックバックした500万円の扱いをどうするのか?

500万円を受け取った側の申告内容も問題になります。このケースが仲介なら、宅地建物取引業法で定める報酬規定にも違反します。・・しかし、そもそもマトモな宅建業者には関係ない話です。

不動産ブローカーが地主に、『○○○万円以上で売却するから、上乗せ分は俺の取り分だぞ!』と話をつけて、その上乗せした価格で不動産業者へ情報を流す・・売れたら成功・・なんて話です。

不動産ブローカーが物元の場合、仲介会社が『事前に売主に会って確認したい』と言っても不動産ブローカーは嫌がります。金額を上乗せしている事実を関係者に隠したいからです。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.