ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
淘汰
今のような時期は、『不況だから売れない・・』と思うのは当然ですが、正確には、『不況で不動産を売買する人が少ないのに比べて、不動産会社の数は多いので、売れない・・』という事ですよね。

全ての不動産屋が食えるだけの取引が無いだけで、少数の不動産屋なら食えるわけです。400社も不動産屋がある市区町村もあります。駅前に10社も大手系仲介会社がある地域もあります。

たとえばの話ですが・・もし、これが暴力団の数だったら、その競合の激しさは容易に想像できますよね。駅前に暴力団事務所が10・・市区町村に400ヶ所の暴力団事務所・・怖いでしょ?

ま、非現実的な例えですが、そんな事態になれば・・抗争が激化して弱い組織は淘汰される流れになるでしょう。不動産会社だって、1件の媒介契約を取るのに、どれだけのライバルがいることか・・

駅前の人気マンションに『売却物件募集中』のチラシを配布している業者数を数えればわかります。小さい不動産屋が媒介を取るケースは少ないのでは?完全に大手の縄張りとなっているのです。

全ての不動産屋が食えるのは景気の良い時期だけです。不況になれば倒産する会社もあるし、その倒産により需要と供給のバランスが調整されるわけです。・・で、今の状況が続くとしたら・・

現在の半分くらいは倒産しないと食えないのでは?不動産会社の数が半数にならなくても、不動産営業マンの数は半分になるかもね。人の数だけ仕事があるわけではありません。ま、ご用心。



大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.